2016年8月11日 更新

7月30日(土)鈴鹿4時間耐久ロードレース参戦記 with AKENO SPEED

252 view
以前お伝えした通り、7月30日(土)鈴鹿サーキットで開催された鈴鹿4時間耐久レースに、チームナップス豊島怜が参戦いたしました。
今回の参戦は鈴鹿のアケノスピード様のお誘いによるもので、怜にとっては初めての600ccのマシン(YZF-R6)初めての国際コースでの耐久レースと何もかもが初めてづくしの体験でした。

2.jpg


3.jpg

1.jpg

それでは豊島怜の直筆レポートをお届けします。

公式リザルト
予選19位(クラス7位)
決勝43位完走(クラス23位)

8耐、4耐が終わりました。

僕はアケノスピード様からのご好意により、4耐に挑戦することができました。
乗ったこともない600ccで3回の練習でいきなり本番という、かなりの大冒険でした。

初乗り、2回目、3回目で確実に段階を踏み、レーシングスピードまでもっていくことができました。
最初の感想は、「怖い」の一言でした。

2016-07-29 21.29.11.jpg
photo by @yasuoka

こんな加速+スライドするバイクには初めて乗りました。

そんなこんなで予選を迎えました
予選は第1ライダーと第2ライダーを合計したタイムで競います。

4.jpg
photo by @gally728

2016-07-29 21.28.49.jpg
photo by @yasuoka

僕は第1ライダーの中で総合9位 クラス1位をとることができ、さらに、目標としていた19秒台にいれることができました。

2.jpg

photo by @gally728

7.jpg
photo by win

2016-07-29 21.29.04.jpg
photo by @yasuoka

自分でもクラス1位にはビックリしました。

予選の総合結果は19位でした。

2016-07-29 21.28.57.jpg
photo by @yasuoka

3.jpg
photo by @gally728

とにかく完走を目標にレースへ挑みました。

10.jpg
photo by win


9.jpg
photo by win

決勝当日、600初レースということで、いつもよりも緊張していました。
スタートはル・マン式。初めてです。

12.jpg
photo by win

スタートは難なくクリアし、第1スティントを走ります。

14.jpg
photo by win

7.jpg
photo by @gally728

9.jpg
photo by @gally728

ガソリンランプがついたら戻る予定でしたが、ランプがつかず、ピットインのサインが出ていたので戻ろうとました。
その週のバックストレートでまさかのガス欠。。。
とにかく完走しなきゃ!と思いピットまで押して帰りました。
本当に本当にしんどかったです。

ピットにつくと、熱中症と脱水症状で倒れてしまいました。
今考えると、バリ伝が頭をよぎりました。

13.jpg
photo by win

第2スティントまでには回復し、難なく走りきります。

5.jpg

photo by @gally728

15.jpg
photo by win

6.jpg
photo by @gally728

第3スティントになると、タイヤがズルズルでいつ転倒してもおかしくない状況で、かなり神経をすり減らしながら走りました。

Cow-4EsVIAAjbJh.jpg

ガス欠でかなり体力を使って、さらに各スティントでの疲労がたまり、ある意味極限状態でした。

8.jpg

photo by @gally728

チェッカーを受けた時は、世界が変わったように思えました。
とっても嬉しかったです。

たくさんのお客さんが僕に手を降ってくれていました。

トラブルはありましたが、目標だった完走できて良かったです。


翌日の8耐では、なんとサインボード係に任命していただきました。
まさかこんな形で8耐に携わることができるなんて夢に思いませんでした。

グランドスタンドがお客さんで埋め尽くされていて、本当に感動しました。
スタートから6時間、転倒してしまいましたが、残り5分ほどで再スタートしてチェッカーを受けることができました。

レース後はチームみんなでプールに落としました。

17.jpg
photo by win

18.jpg
photo by win

他チームの有名選手も落とされていたのでビックリしました。

20.jpg

photo by win 注HARC PROのマイケルファンデルマーク選手と、本田監督ですw

今回4耐に出たことにより、更にパワーアップできたと思います。

これを250にも活かしていきます。
このような経験をさせて下さったアケノスピードの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

最高の夏の思い出になりました!

まずは怜にこんな素晴らしいチャンスを与えてくれたアケノスピード様に感謝いたします。

そして怜の対応能力の早さにも驚かされました。
2週間前に初めて600ccのマシンに乗って、決勝時には鈴鹿を本拠地とするライダー達に遜色ない走りを身につけました。
今回の4耐参戦は今後のレース活動において、大きな糧となると思います。

次のレースは、8月7日(日)にツインリンクもてぎで開催される「もてぎ7時間耐久レース」です。
岩城滉一氏率いる「51ガレージ チームイワキ」様より、橋本翼選手、上原大輝選手と組んでのエントリーです。(ゼッケン22)

Co_MX97VYAEuv5A.jpg

皆様の応援心よりお待ちしております。

Special thanks AKENO SPEED

テクニカルスポンサー
ダンロップモーターサイクル様(タイヤ)
グリップ商事様(タイヤ)
72Jam(ジャムテックジャパン)様(外装・ヘルメットペイント)
ワコーケミカル様(油脂類)
EKチェーン様(ドライブチェーン)
XAM JAPAN様(スプロケット)
カラーズインターナショナル様(ステップキット)

MRF&RH松島様(YZF-R25用ブレーキレバー)
Projectμ様(ブレーキパッド)
J-TRIP様(レーシングスタンド)
NTR-TNK様(タイヤウォーマー)
MECHANIX WEAR(整備用手袋)
クラフトアルマジロ様(マフラー)
SHOEIヘルメット様
デグナー様(レザースーツ)
FIVE GROVES(ライディンググローブ)
FORMA PERFORMANCE BOOTS(レーシングブーツ)
BATTERY ENERGY DRINK(公式エナジードリンク)
ACF様(車両メンテナンス他)
N-PLAN様(車輌コーディネート・ライディングアドバイザー)
802SPEED様(怜・智博パーソナルスポンサー)
インテリアトシマ様(怜・智博パーソナルスポンサー)
Mr.itwoo(ヘルメット・レザースーツ・車両外装デザイン)
Mr.Yo_Hirasawa(イラスト作成)



2.jpg
photo by win

3.jpg

photo by win

5.jpg

photo by win

4.jpgphoto by win

1.jpg
photo by @gally728

16.jpg
photo by win

19.jpg
photo by win *1列目左は元motoGPライダーのアンソニー・ウェスト選手ですよ!

13882197_642309805923542_2391212037378515442_n.jpg
鈴鹿の攻略法を教わったみたいです!

CowQO7AUkAABeHe.jpg
なんだ怜!両手に花じゃないか!w

11.jpg

photo by @gally728*アケノスピード様が怜のために特別に用意してくれた’踏み台’w

12.jpg
photo by @gally728

13.jpg
photo by @gally728

14.jpg
photo by @gally728
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクにワイヤリングしてあると、なんかカッコイイ

バイクにワイヤリングしてあると、なんかカッコイイ

レースではレギュレーションにより、施さなければいけないワイヤリングですが、やっぱりワイヤリングしてあるバイクは、なんかレーシーでカッコイイ!カッコイイだけじゃなく、実用的なワイヤリング。この機会にマスターしてみては?
横浜店 | 58,690 view
人体に無害ってワケでも・・

人体に無害ってワケでも・・

皆様はサーキットやジムカーナ、ワインディング走行時にバイクを「振り回す」時の車体のガタって気になりませんか? ワタクシは適当な性格ではありますが、ハンドルに伝わるちょっとした振動や、ひざを押し付ける時のタンクのガタは非常に気になります。一度気になってしまうとダメな性質で、タイムも伸びないし楽しく走れない・・つまりテンションダダ下がりですよ ! そんなワケで、ガタ対策を兼ねて経年劣化で錆が出てしまったタンクのマウントボルトを一新してみました !
横浜店 | 428 view
鈴鹿8耐DVD入荷してます!!!

鈴鹿8耐DVD入荷してます!!!

7月30日に開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースが早くもDVDで発売!!! 今大会は1978年に第1回目が開催されてから40回目を迎え、 MotoGPライダーのジャック・ミラーの参戦や世界耐久ロードレース選手権の最終戦、 海外での生中継など高い注目を集めた大会となりその記念すべき大会でヤマハファクトリーが 初となる3連覇を達成、通算7回目の優勝を飾る結果となっております。 鈴鹿8耐は現地観戦でも中継観戦でもチーム参戦でも通常のスプリントレースはまた違った感動と興奮があります。 その感動と興奮が詰まったDVDを入荷しましたので気になる方は2FDVDコーナーに足をお運びください。
埼玉店 | 11 view
鈴鹿8時間耐久の歴史 今年40回目を迎える記念レース。過去のレースを振り返る

鈴鹿8時間耐久の歴史 今年40回目を迎える記念レース。過去のレースを振り返る

今年で40回目の節目を迎える鈴鹿8時間耐久ロードレース(通称:8耐)。名前の通り、8時間もの長い間を走り続ける非常に過酷なレースです。1978年から始まり、最初は大規模な物ではなかったものの、歴史を積み重ねるごとに次第に各国のトップライダーが参加をするようになりました。現在では、FIM世界耐久選手権の1つに名を連ねています。アクシデントが多く、予想を裏切る番狂わせが起こることも魅力の1つ。そんな鈴鹿8耐の、過去のレースを振り返ってみましょう。
スポーツランドタマダに行ってきました。

スポーツランドタマダに行ってきました。

関東のミニバイクコースと比べると雰囲気も穏やかで和気藹々とした空気感が特徴です。
広島店 | 291 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナップス ナップス