2017年6月1日 更新

毎年6月は「不正改造車を排除する運動」強化月

二輪車を対象とした街頭検査など、強化月間中に街頭検査を全国で159回実施し、違法マフラー等悪質な不正改造車には整備命令を発令し、これに従わないときには車両の使用停止等を含む厳正な処分を行います。 また、不正改造等を行った者に対する報告徴収及び立入検査により、不正改造の抑止・早期発見と指導を行います。

946 view

毎年6月は「不正改造車を排除する運動」強化月間

 (9274)

国土交通省及び不正改造防止推進協議会(日整連等自動車関係32団体)では、毎年6月1日~30日までの1か月間を全国一斉「不正改造車排除強化月間」として運動を展開しています。

強化月間中には、街頭検査を全国で159回実施。
違法マフラー等の不正改造車には「整備命令の発令」がされます。

不正改造車には

 (9275)

不正改造車には、整備命令標章(ステッカー)が貼付けされます。
「整備命令の発令」された車両は、発令後15日以内に整備した状態で運輸支局なとに現車提示する必要があります。

「整備命令の発令」に従わないと

 (9277)

15日以内に現車提示をしない場合又は不正にステッカーを剥かした場合には、一定期間(最大6ケ月)自動車の使用を停止し、自動車検査証及びナンバープレートを没収。

※使用停止命令に違反した場合には、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金となります。
※整備命令に従わない場合、50万円以下の罰金も。

黒煙110番

街頭検査以外にも、全国の運輸支局が「黒煙110番」という相談窓口を設けています。
近隣の方からの相談により、整備命令が発令される事もあるかもしれません。

強化月間というだけでなく、普段より万全な状態でバイクを利用しましょう。

報道発表資料:「不正改造車を排除する運動」強化月間(6月)が始まります - 国土交通省

報道発表資料:「不正改造車を排除する運動」強化月間(6月)が始まります - 国土交通省
国土交通省では、6月を『不正改造車を排除する運動』の強化月間として、関係省庁、自動車関係団体等(別紙1)と連携し、街頭検査を集中的に実施するなど、騒音の原因となっている違法マフラー等悪質な不正改造車の排除に向けた取組みを強化します。
12 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【除電】電気のちからってすげー!?

【除電】電気のちからってすげー!?

みなさん静電気はご存知ですよね? 冬場に洋服を脱いだりするときにバチバチ来たり、ドアノブを触ろうとするとバチッと来るアレです! その静電気ですが、実はオートバイや車の性能にも悪影響があり、溜まっている静電気を解消してあげると良いことが近年判ってきました! 代表的な実例としては、某自動車メーカーがスポーツ車だけではなく商用バンやミニバンにも、静電気の帯電による悪影響を緩和させるためにアルミテープを採用したことが有名です。 様々な人が実際にアルミテープを貼って試している実例や、技術情報を調べてみると、電気的な作用というよりは『空気や油など』に作用して、スムースな動きを妨げることが影響しているようです。
三鷹東八店 | 585 view
時速210Kmオーバーで走ったことありますか?

時速210Kmオーバーで走ったことありますか?

国内販売されているバイクやクルマによく付いているゴム製のエアバルブなんですが、状態が良くても210Km/hまでの耐久力なんです。
伊勢原店 | 22,589 view
ヘルメットの装着感が・・・モトから違う!

ヘルメットの装着感が・・・モトから違う!

ヘルメットを色々と試着してみると・・・ 超有名なメーカーは装着感が違う?なんでだろう? 漠然と 内装が作りの違いだろうとは思ってましたが、実際に比べるとこんな感じです。 【黒】日本生産モデルと、 【白】海外生産モデルの違いみたいです。 その作りは...
練馬店 | 648 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。
運転中は道を歩く子どもに要注意!

運転中は道を歩く子どもに要注意!

ライダーであれば、絶対に避けたいのが人身事故です。人身事故は当事者の尊い命や健康が奪われることもある、被害者にとっても加害者にとっても最悪の事態。ツーリングの機会が増えるこの季節こそ、いっそう人身事故に気をつける必要があります。今回は、人身事故の中でも特に「子どもが被害者になる事故」に関する注意点をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナップス ナップス