2017年6月1日 更新

毎年6月は「不正改造車を排除する運動」強化月

二輪車を対象とした街頭検査など、強化月間中に街頭検査を全国で159回実施し、違法マフラー等悪質な不正改造車には整備命令を発令し、これに従わないときには車両の使用停止等を含む厳正な処分を行います。 また、不正改造等を行った者に対する報告徴収及び立入検査により、不正改造の抑止・早期発見と指導を行います。

963 view

毎年6月は「不正改造車を排除する運動」強化月間

 (9274)

国土交通省及び不正改造防止推進協議会(日整連等自動車関係32団体)では、毎年6月1日~30日までの1か月間を全国一斉「不正改造車排除強化月間」として運動を展開しています。

強化月間中には、街頭検査を全国で159回実施。
違法マフラー等の不正改造車には「整備命令の発令」がされます。

不正改造車には

 (9275)

不正改造車には、整備命令標章(ステッカー)が貼付けされます。
「整備命令の発令」された車両は、発令後15日以内に整備した状態で運輸支局なとに現車提示する必要があります。

「整備命令の発令」に従わないと

 (9277)

15日以内に現車提示をしない場合又は不正にステッカーを剥かした場合には、一定期間(最大6ケ月)自動車の使用を停止し、自動車検査証及びナンバープレートを没収。

※使用停止命令に違反した場合には、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金となります。
※整備命令に従わない場合、50万円以下の罰金も。

黒煙110番

街頭検査以外にも、全国の運輸支局が「黒煙110番」という相談窓口を設けています。
近隣の方からの相談により、整備命令が発令される事もあるかもしれません。

強化月間というだけでなく、普段より万全な状態でバイクを利用しましょう。

報道発表資料:「不正改造車を排除する運動」強化月間(6月)が始まります - 国土交通省

報道発表資料:「不正改造車を排除する運動」強化月間(6月)が始まります - 国土交通省
国土交通省では、6月を『不正改造車を排除する運動』の強化月間として、関係省庁、自動車関係団体等(別紙1)と連携し、街頭検査を集中的に実施するなど、騒音の原因となっている違法マフラー等悪質な不正改造車の排除に向けた取組みを強化します。
12 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【除電】電気のちからってすげー!?

【除電】電気のちからってすげー!?

みなさん静電気はご存知ですよね? 冬場に洋服を脱いだりするときにバチバチ来たり、ドアノブを触ろうとするとバチッと来るアレです! その静電気ですが、実はオートバイや車の性能にも悪影響があり、溜まっている静電気を解消してあげると良いことが近年判ってきました! 代表的な実例としては、某自動車メーカーがスポーツ車だけではなく商用バンやミニバンにも、静電気の帯電による悪影響を緩和させるためにアルミテープを採用したことが有名です。 様々な人が実際にアルミテープを貼って試している実例や、技術情報を調べてみると、電気的な作用というよりは『空気や油など』に作用して、スムースな動きを妨げることが影響しているようです。
三鷹東八店 | 659 view
時速210Kmオーバーで走ったことありますか?

時速210Kmオーバーで走ったことありますか?

国内販売されているバイクやクルマによく付いているゴム製のエアバルブなんですが、状態が良くても210Km/hまでの耐久力なんです。
伊勢原店 | 22,976 view
バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 1,352 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 2,438 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,306 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナップス ナップス