2017年8月28日 更新

止まると止まれるじゃ大きな違いなのよ?

見た目の美しさは無論の事、性能がガラッと変わる素晴らしいカスタムパーツ、それがブレーキなのですッ! そんなブレーキカスタム、2010年代の定番は「ラジアルマスターシリンダー」ではないでしょうか? 2004年頃の1000ccクラスのスーパースポーツ車を皮切りに、現行車ではスポーツツアラーモデルにも採用されていますね。 やはり「握った分」だけ「油圧が立ち上がる」特性・・ブレーキコントロールの「し易さ」はサーキットでのスポーツ走行だけでなく、ツーリングでも大きく「効く」のでしょう。 様々なステージで走りを楽しむライダーの皆様には特にオススメしたいカスタムなのです!

640 view

ブレーキパーツの担当ではないけどブレーキ大好き、キャリパーが自宅の自室に飾ってあるブログ担当Bですこんにちわ!
そのうち使おうと思って手に入れたニッシンのTZタイプキャリパーは「サポート(マウントブラケット)」を作成しなきゃならん、という理由で放置飾っております。眺めているだけでも造形の美しさがとても素晴らしく、取り付けするのは勿体無いなぁ・・とも。

・・そんな訳で、見た目の美しさは無論の事、性能がガラッと変わる素晴らしいカスタムパーツ、それがブレーキなのですッ!


そんなブレーキカスタム、2010年代の定番「ラジアルマスターシリンダー」ではないでしょうか?
2004年頃の1000ccクラスのスーパースポーツ車を皮切りに、現行車ではスポーツツアラーモデルにも採用されていますね。
やはり「握った分」だけ「油圧が立ち上がる」特性・・ブレーキコントロールの「し易さ」はサーキットでのスポーツ走行だけでなく、ツーリングでも大きく「効く」のでしょう。
様々なステージで走りを楽しむライダーの皆様には特にオススメしたいカスタムなのです!


今回はNSR250R-SE(MC21型)にブレンボのRCSマスターシリンダーを装着してみました!(前フリ長いなぁ・・
NSR2501.JPG

先に申し上げますが、ノーマルのMC21型にはブレンボのRCSや、YZF-R1純正のマスターシリンダー等のラジアルマウントのマスターシリンダーは取り付けできません。
レバーの付け根が水温計に接触、ブレーキが不意に作動する恐れがあります。ハンドルの切れ角を規制したり、メーターを交換する等の加工が必要になりますので、ご検討中の方は要注意です!
今回取付をさせて頂いた車両は「NC35の倒立」が付いておりまして、ハンドルの切れ角が少ない為に余裕を持って取り付けが出来ました。

NSR2502.JPG
早速ですが既に組みあがった写真ですね。
MC21型はカウル・ミラーステーが低い位置にいる為、リザーバータンクの位置も市販のマスターシリンダー向けのステーですと「どーにも接触する」という絶妙なクリアランス。
なんとか低く押さえる為にいろいろな工夫を凝らしてみます!

NSR2507.JPG
ステーが長くなるとリザーバータンクが振動してエアを噛みやすくなるので、トップブリッジのフォーククランプボルトからステー、今回はデイトナのステーを伸ばします。
その際、ボルトを5mm長いものへ交換、ステーもしっかりと固定したかったので穴を10mmから8mmに変換するカラーも使っています。
タンクは流行りのスモークブラック(10.4446.63)をラバーマウントして更なる振動対策をしてみました。

NSR2503.JPG
本体は17RCS(110.A263.40)をチョイス。
ブレンボの30/34mmピストンのキャリパーや、他車種のニッシンキャリパー等のピストンサイズが大きくなるカスタムを今後も検討していないので、純正キャリパー(今回はMC28/NC35の純正)に合わせてサイズをφ17にしてみましたよ。
低く押さえられたタンクに接続するホースもなるべくスムースなラインを、という訳でジョイントニップルをストレートタイプに交換しています。ワタクシの十八番でございます!?


そしてブレーキホースは接続位置が全く異なるため交換が必要でした。長さや角度が微妙に合わないんだなぁ・・
NSR2504.JPGNSR2505.JPG
お客様のリクエストで「なるべくカッコよく!」「でもリーズナブル」を念頭に「h型」配管にします。
純正同様の取り回しはマスターの下側あたりが配線配管ケーブル類でゴチャゴチャになりそうなので、今回は却下です!!



NSR2501.JPG
うーん、マンダム!我ながらいい出来だぞぅ!

そんな訳で、今回はちょっとだけ工夫をした取付をさせていただきました!
K様、いつも有難うございます!
NSRRCS.jpg
今回の一例で取り付けに掛かった費用は(税込)¥90,673-となります。参考までに!
※エクセルモドキでぺけぺけっと適当に作ったので「銭」が出てますが気にしないでください!

Mc21A.JPG
ちなみにバーハンドル化してるNSRは何も考えずに取付が出来るので、バーハンドルNSR同志の諸君は今すぐにラジアルマスターを付けるようにッ!ブレーキホースなんてどーせもう変ってるでしょーからね。ツーリングやジムカーナにサーキット走行、もちろん買物だって楽しく行けるんだぞぅ!



当店ではブレンボ以外のブレーキパーツでは、GaleSpeed(ゲイルスピード)のマスターシリンダーの在庫もございます。
人と違うものが好き、カッコイイ物が好き、微調整が出来る方が助かっちゃう・・というアナタは
VRE.jpg
VRE エラボレートマスターシリンダー
オススメでっす!ワタクシも愛用しておりますが、大変に恰好がよろしくて「俺のバイク・・今日も・・かっこいいゼ!」と乗る度に悦に入ってたりしますですハイ。


この、あなたもカスタム・・しませんか!?
ご相談はお近くのナップスまで!





そしていまこの瞬間に・・NSRコーナーに新商品入荷しました!
DFM1.jpg
PROTEC(プロテック)
デジタルフューエルマルチメーター!
DFM2.jpg
MC21用とMC28用の二種類ッ!
アクセル開度と回転数から「燃料消費量(吸入量)」を瞬時に計算して、燃料消費量・残量を表示するスグレモノなんです!!
各機種共に標準キャブセッティングでデータ登録済みなので、取り付けたらすぐに使えるんです(出来れば取り付けてすぐに燃料満タンにすると最高です)
逆に言えばキャブセッティングを変更していると・・使えない訳ではなく、取付後に再調整すれば使えちゃいます!

これでついうっかりツーリング中に「あっ!リザーブだった・・」と夜中に伊豆の山の中で前回の給油時にコックをリザーブから戻し忘れた事を酷く後悔しなくて済みますよ!!うっへぇ・・


そしてノーマル派だけどヘッドライトの暗さに悟りを開きそうなMC21/28のオーナー様にオススメな逸品も入荷!
CycloneLED.jpg
プロテック NSR250R専用 サイクロンLEDヘッドライトバルブキット

CycloneLED1.jpg
純正のヘッドライトにボルトオンなLEDヘッドライトキットです!
詳しい説明はコチラをご覧頂くとして・・要するに「ワタクシのNSRもノーマルのヘッドライトだったらコレに決まりでした!」マストバイ製品です!

そして!随分先のお話ですが、なんと11月18日土曜日にこのサイクロンLEDヘッドライトバルブやシフトポジションインジケーターのメーカーである

「プロテック」様が店頭イベントを開催ッ!

上記商品の取付サービスや製品についての質疑応答、マニアックでディープなお話がたくさん出来る・・かも!?
無論NSR250Rオーナー様以外のご来店もお待ちしております!詳しくは店頭スタッフまでッ!


そんなこんなで、ナップス横浜店のNSRコーナーもだんだんとディープな商品の在庫が増えております!
時々謎の部品が入荷する当コーナーも時々チェックしにご来店お願いしますー!

1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

250ccクラス最強のセットは、やはり最強だった!

250ccクラス最強のセットは、やはり最強だった!

YZF-R25やNinja250R、Ninja250SL、CBR250Rの車両には、コレを入れるしか無い!!
横浜店 | 3,765 view
黒くてニクい奴・・?

黒くてニクい奴・・?

レースに勝つ為には手段を選ばないぜ!!と高級な部品を注文しちゃったけど、冷静になってきて「外した部品どーすっぺか?」と斜め方向に現実と向き合ってる、横浜店ブログ担当Bですこんにちょわ! やっぱり良い部品を取付すると、テンションが上がって乗るのも楽しくなりますし、サーキットなどでもタイムアップしたりと、人生の充実に良い部品は欠かせない物だと強く感じるのですッ!!
横浜店 | 511 view
「フリクションロス」の少ないパーツの導入が効果的。ケミカルもヨシ!

「フリクションロス」の少ないパーツの導入が効果的。ケミカルもヨシ!

なんと言おうとも「やっぱりスルスル走る軽量スポーツってサイコーだよね!」
横浜店 | 2,493 view
バイクにワイヤリングしてあると、なんかカッコイイ

バイクにワイヤリングしてあると、なんかカッコイイ

レースではレギュレーションにより、施さなければいけないワイヤリングですが、やっぱりワイヤリングしてあるバイクは、なんかレーシーでカッコイイ!カッコイイだけじゃなく、実用的なワイヤリング。この機会にマスターしてみては?
横浜店 | 46,125 view
時速210Kmオーバーで走ったことありますか?

時速210Kmオーバーで走ったことありますか?

国内販売されているバイクやクルマによく付いているゴム製のエアバルブなんですが、状態が良くても210Km/hまでの耐久力なんです。
伊勢原店 | 20,977 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

横浜店 横浜店