2016年11月18日 更新

カタログにも掲載されていないヘルメット豆知識2016年度版

ヘルメットの重心位置による乗車姿勢との関連性

5,380 view
2015年10月に当ブログに掲載した「ヘルメットの重心位置による乗車姿勢との関連性」を、2016年夏バージョンにアップデートいたしました。

測定方法は、ヘルメットの中で軽くグーを作り、バランスの取れる位置を探し撮影しております。

10.jpg

まずはArai/SHOEIのハイエンドモデルの新製品「RX-7X」と「X-Fourteen」の比較

5.jpg

1 (2).jpg

どちらも深い前傾姿勢でバランスが取れるような重心位置で作られています。
もちろんベンチレーションもこの角度で一番効果が出るように設計されています。

次はツーリングに特化した2モデル
Araiの新製品「ASTRAL-X」とSHOEIの「GT-Air」を比較してみます。

6.jpg

3 (2).jpg

どちらもアップライトな乗車姿勢を考慮されております。
ASTRAL-XはてっきりRX-7Xと同じ帽体を使っているのかと思いきや、用途によってしっかり設計を変更しているのはさすがです。

両メーカーのミドルクラス「RAPIDE-IR」と「Z-7」の比較です。

7.jpg

2 (2).jpg

どちらも軽い前傾姿勢に合わせて設計されており、高い汎用性を持つことが伝わってきます。

最後はエントリーモデルを2機種
QUANTUM-J」と「QUEST」を比較してみます。

9.jpg

4.jpg

こちらもやや前傾といった感じですね。
どんなバイクでも不満のないポジションが得られると思います。

ご自分の車両の乗車姿勢を考慮してヘルメットを選ぶと、失敗のない選択ができると思います。
以上、ナップス伊勢原店より、カタログにも掲載されていない最新モデルヘルメットの重心位置比較のお話でした。

2015年10月バージョンはこちらから

Arai(アライ ヘルメット)の商品一覧・カタログ-ナップス -RidingArt NAP'S-

Arai(アライ ヘルメット)の商品一覧・カタログ-ナップス -RidingArt NAP'S-
― 衝撃は、できる限り『かわす』。 ヘルメットが頭を守る上での基本はこれ、とアライは考えます。 だから、アライのすべてのモデルは“衝撃をかわす性能”を考え、規格による頭部保護の範囲において、丸い滑らかな75R以上の球面の連続したフォルム、そして強固なシェルを固守します。 『R75』、アライが提唱する大切な安全へのこだわりです。 ― そして、かわし切れなかった分は『吸収』する。 ヘルメットが頭を護る上での基本は衝撃の吸収。 だから、アライは要求の厳しいスネル規格へのこだわりを続けています。 しかし 現実の衝撃は規格による試験の衝撃とは大きく異なります。 現実の転倒例では。いかなるヘルメットにおいても、衝撃をかわしながら、その吸収性能を発揮しています。 1999年から2011年までの13年連続『モーターサイクルヘルメット米国顧客満足度No.1』 「安心」「安全」の品質は日本が世界へ生んだ“いのち”を守る最高峰ヘルメットメーカー アライ。

SHOEI ヘルメット(ショウエイ)の商品一覧・カタログ-ナップス -RidingArt NAP'S-

SHOEI ヘルメット(ショウエイ)の商品一覧・カタログ-ナップス -RidingArt NAP'S-
世界で高評価と信頼を得るSHOEIヘルメット。 高い安全性と機能性、優れたデザイン性を兼ね備えたショウエイ ヘルメットは、そのクオリティの高さから世界のライダーから称賛され、認知されています。 ショウエイ ヘルメットは、シェルに、特殊有機繊維とガラス繊維、および熱硬化性樹脂から成る、FRP(繊維強化プラスチック)を用いています。 その製造には、熟練した技術と完璧な作業を追及するSHOEIのクラフトマンシップが息づいています。 品質を「最優先」とするSHOEIでは、製造はもとより、塗装、組み立てに至る全てを社内一貫生産。厳しい品質管理のもと造りあげられています。

アライヘルメット テクニカルプロショップの提供サービス-ナップス -RidingArt NAP'S-

アライヘルメット テクニカルプロショップの提供サービス-ナップス -RidingArt NAP'S-
ナップス アライ テクニカルプロショップのご紹介! アライ プロショップとは? ヘルメット講習会及びアライヘルメット特別技術講習を受講終了した専門ショップです。テクニカルプロショップでは、ヘルメットサイズ調整を初め、専門店ならではのサービスを提供しております。

ショウエイヘルメット テクニカルショップ-ナップス -RidingArt NAP'S-

ショウエイヘルメット テクニカルショップ-ナップス -RidingArt NAP'S-
SHOEI TECHNICAL SHOPとは、SHOEIヘルメットのスペシャリストとも言える、「SHOEI TECHNICAL SHOP・アドバイザリースタッフ」プログラムを習得したスタッフが所属しているショップです。お客様に最適なヘルメットのアドバイス、サイズ調整が行なえ、安心してヘルメット選びができるサービスを提供いたしております。
5 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

時速210Kmオーバーで走ったことありますか?

時速210Kmオーバーで走ったことありますか?

国内販売されているバイクやクルマによく付いているゴム製のエアバルブなんですが、状態が良くても210Km/hまでの耐久力なんです。
伊勢原店 | 22,671 view
ヘルメットの装着感が・・・モトから違う!

ヘルメットの装着感が・・・モトから違う!

ヘルメットを色々と試着してみると・・・ 超有名なメーカーは装着感が違う?なんでだろう? 漠然と 内装が作りの違いだろうとは思ってましたが、実際に比べるとこんな感じです。 【黒】日本生産モデルと、 【白】海外生産モデルの違いみたいです。 その作りは...
練馬店 | 710 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。
運転中は道を歩く子どもに要注意!

運転中は道を歩く子どもに要注意!

ライダーであれば、絶対に避けたいのが人身事故です。人身事故は当事者の尊い命や健康が奪われることもある、被害者にとっても加害者にとっても最悪の事態。ツーリングの機会が増えるこの季節こそ、いっそう人身事故に気をつける必要があります。今回は、人身事故の中でも特に「子どもが被害者になる事故」に関する注意点をご紹介します。
【除電】電気のちからってすげー!?

【除電】電気のちからってすげー!?

みなさん静電気はご存知ですよね? 冬場に洋服を脱いだりするときにバチバチ来たり、ドアノブを触ろうとするとバチッと来るアレです! その静電気ですが、実はオートバイや車の性能にも悪影響があり、溜まっている静電気を解消してあげると良いことが近年判ってきました! 代表的な実例としては、某自動車メーカーがスポーツ車だけではなく商用バンやミニバンにも、静電気の帯電による悪影響を緩和させるためにアルミテープを採用したことが有名です。 様々な人が実際にアルミテープを貼って試している実例や、技術情報を調べてみると、電気的な作用というよりは『空気や油など』に作用して、スムースな動きを妨げることが影響しているようです。
三鷹東八店 | 626 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

伊勢原店 伊勢原店