2018年3月8日 更新

【ダイマグホイールのハブダンパー】スタッフバイク整備

GPZ900Rのハブダンパー交換です。 ダイマグのホイールを奢るスーパーマシンですが・・・運転が荒いせいなのか? 数千キロでガタガタになってしまいました。 ・アクセルのオンオフで衝撃が出る程です。 ・スプロケットが回転方向だけではなく横方向にもガタがでて『3Dガタガタ』 これは交換しないと加速的に悪化しますので注文します!

492 view
ナップス練馬店のヤマGUCCIです。

ピットスタッフK氏の愛車GPZ900Rのハブダンパー交換です。
P1100498.JPG
ダイマグのホイールを奢るスーパーマシンですが・・・運転が荒いせいなのか?
数千キロでガタガタになってしまいました。

【交換前の症状】
P1100500.JPG
・アクセルのオンオフで衝撃が出る程です。
・スプロケットが回転方向だけではなく横方向にもガタがでて『3Dガタガタ』

これは交換しないと加速的に悪化しますので注文します!


【スタッフKのとった方法】
・ダイマグ純正ハブダンパーは高価で1万円越え?? 値段に驚く!!
・ネット情報をもとに部品の他メーカー流用をするのでした。

P2160900.JPG
アクティブ ゲイルスピード用のハブダンパー
うわさによるとサイズが合うらしい!
5,000円(税抜き)


P2160901.JPG
何とも、サイズぴったり! うわさ通りでした。
どれだけ持つかはわかりませんが、改善できました。

【ハブダンパーの役割】
リアスプロケットのハブ部分とホイールの間での衝撃吸収がハブダンパーのお仕事です。
もしスプロケットを回転方法に動かしてみてガタがあるようでしたら交換時期かもしれないです。
愛車をチェックしてみてください。

P1100499.JPG
ガタのあった状態と比べると、気持ちの良い正常な状態です。
アクセルオンオフの衝撃をきれいに吸収してます。

カスタムマシンは純正と比べると消耗が早い部品もありますので、日々のメンテナンスが重要ですよ!


【スタッフのバイク趣味の時間】
最近ピットメカニックと販売スタッフで【自分のバイク整備をする部活動】というのもはじめたみたいです。
塗装したり、シート張り替えしたり、カスタムしたり、整備したり・・・活動の写真が取れたら報告しようと思ってます。


1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カスタムGPZ900R『オイル・オイルフィルター交換』は大変!? スタッフバイクの整備

カスタムGPZ900R『オイル・オイルフィルター交換』は大変!? スタッフバイクの整備

いつも登場している 『スタッフK』 のGPZ900Rの~愛車整備  エンジンオイル、オイルフィルターがなかなかの重作業(汗) でした。 画像はオイル量の調整チェックを行ってますが、ここまでたどり着くのに色々な部品を外します。
練馬店 | 919 view
フロンブレーキの利きがワンテンポ遅い?『パッド』『ディスク』

フロンブレーキの利きがワンテンポ遅い?『パッド』『ディスク』

雨の日、バイクを乗っているととフロンブレーキの利きがワンテンポ遅い感じがしたりしてませんか? もしかすると・・・・
練馬店 | 1,188 view
ヘルメットの装着感が・・・モトから違う!

ヘルメットの装着感が・・・モトから違う!

ヘルメットを色々と試着してみると・・・ 超有名なメーカーは装着感が違う?なんでだろう? 漠然と 内装が作りの違いだろうとは思ってましたが、実際に比べるとこんな感じです。 【黒】日本生産モデルと、 【白】海外生産モデルの違いみたいです。 その作りは...
練馬店 | 1,118 view
【除電】電気のちからってすげー!?

【除電】電気のちからってすげー!?

みなさん静電気はご存知ですよね? 冬場に洋服を脱いだりするときにバチバチ来たり、ドアノブを触ろうとするとバチッと来るアレです! その静電気ですが、実はオートバイや車の性能にも悪影響があり、溜まっている静電気を解消してあげると良いことが近年判ってきました! 代表的な実例としては、某自動車メーカーがスポーツ車だけではなく商用バンやミニバンにも、静電気の帯電による悪影響を緩和させるためにアルミテープを採用したことが有名です。 様々な人が実際にアルミテープを貼って試している実例や、技術情報を調べてみると、電気的な作用というよりは『空気や油など』に作用して、スムースな動きを妨げることが影響しているようです。
三鷹東八店 | 1,004 view
ダウンチューブ装着 スタッフのGPZ900R 

ダウンチューブ装着 スタッフのGPZ900R 

愛車にダウンチューブを装着しました。 アクティブ製ダウンチューブ(元々シルバー、アルミ色 ?を外注塗装に出し、ブラック塗装で仕上げました。 ダウンチューブとは、上記写真だとマフラーにそった感じでエンジンの下あたりに見える追加フレームの事です。 ※車体中央に渡るように装着しているのはサブフレームという追加フレームです。
練馬店 | 738 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

練馬店 練馬店