2018年10月2日 更新

『重いタイヤ 』『軽いタイヤ』

タイヤの重さで乗り味と疲労が変わるかもしれません。 アメリカンクルーザー系の代表的タイヤ ダンロップ【Kabuki】 シリーズ。 クルーザー系はおおらかな乗り味が魅力です。 タイヤの重さもそれなりにありますので一度走行し始めて回転すると、楽な乗り味を生み出します。

1,033 view
ナップス練馬店のヤマGUCCIです。

タイヤの重さで乗り味と疲労が変わるかもしれません。
アメリカンクルーザー系の代表的タイヤ
P2250963.JPG
ダンロップ【Kabuki】 シリーズ
クルーザー系はおおらかな乗り味が魅力です。
タイヤの重さもそれなりにありますので一度走行し始めて回転すると、楽な乗り味を生み出します。

ネイキッドなどのスポーツ系スポーツツアラー系のバイクも似ている事があります。
P1270651.JPG
ツーリングタイヤは重量がスポーツモデルに比べると重くできています。

重い理由・・・
アメリカンクルーザー系のタイヤが重いという事と同じ! 重量のあるタイヤが回転することで安定し高速道路などでの疲労が軽減されます。
重いからスポーツタイヤよりも性能が劣るという事ではありません。
P2060840.JPG
『ドライグリップ性能は昔のスポーツタイヤ以上』と言われるほど進化してますので、ワインディングでグリップ性能が役不足という事は無いと思います。


軽量なスポーツタイヤは運動性能が高いので軽快な走りが魅力です。
その分、路面の変化や状況のフィードバックが強くて、気を抜きづらい傾向にあるのかもしれません。
P2060825.JPG
スポーツ系のタイヤを愛用し続けていいる方で、ちょっと疲労が・・・
そろそろ、走りを丸くジェントルになろうかな・・・
そんな考えがよぎった方、次はツーリングタイヤを試してみませんか?
『ツーリングスポーツ』とタイヤメーカーが呼ぶように、程よいスポーツ性能と楽を両立できると思いますよ。
そういった理由で『重くするチューニング』も有りだと思います。


最後に、スーパースポーツ系乗りの方にはこれが個人的オススメ!
P2230919.JPG
数量限定の特価セット 
PIRELLI(ピレリ)エンジェルST
スポーツタイヤ寄りのツーリングモデルです。
しかもかなりお買い得!!

スーパースポーツのキレのなる走りを失わないので楽な乗り心地!
ライフもスポーツタイヤ寄りかも・・・本家ツーリングタイヤよりは交換時期がくるのは早目ですかね~?
イタリアの名門タイヤの天使(ANGEL)を使いこなしてみませんか?

タイヤ選びが一番好きですネ!
消耗交換部品の中で一番変化を感じる部品なので、ワクワクします。
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フロンブレーキの利きがワンテンポ遅い?『パッド』『ディスク』

フロンブレーキの利きがワンテンポ遅い?『パッド』『ディスク』

雨の日、バイクを乗っているととフロンブレーキの利きがワンテンポ遅い感じがしたりしてませんか? もしかすると・・・・
練馬店 | 1,419 view
ヘルメットの装着感が・・・モトから違う!

ヘルメットの装着感が・・・モトから違う!

ヘルメットを色々と試着してみると・・・ 超有名なメーカーは装着感が違う?なんでだろう? 漠然と 内装が作りの違いだろうとは思ってましたが、実際に比べるとこんな感じです。 【黒】日本生産モデルと、 【白】海外生産モデルの違いみたいです。 その作りは...
練馬店 | 1,264 view
【耳が痛い】ヘルメット インカムスピーカー装着の工夫

【耳が痛い】ヘルメット インカムスピーカー装着の工夫

インカムや、音楽を聴く用にヘルメットスピーカーを装着されてる方多いですね。 ヘルメットを長くかぶっていると『耳が痛く』なる !・・・改善できるかもしれません。
練馬店 | 4,622 view
ダンロップ 『ブロロ D605』 CRF250

ダンロップ 『ブロロ D605』 CRF250

いつも在庫をしている、ご指名の多いオフロードタイヤの紹介です。 ダンロップ Buroro D605 『林道』も『通―キング』も『お値段のバランス』もいい感じ!! 安定の人気!安心の性能!
練馬店 | 263 view
★YAMAHA DRAGSTAR400★ダンロップ『KABUKI D404』タイヤ交換 

★YAMAHA DRAGSTAR400★ダンロップ『KABUKI D404』タイヤ交換 

ドラッグスターの駆動方式は少し特殊なドライブシャフト駆動です。 通常のチェーン駆動に比べると作業の手間が違います。 作業での大きなポイントは、リアタイヤのドライブシャフトユニットの取り外しによる作業。 見た目の通り大きくて重たいんです。 取り外しよりも、装着する時にコツが必要 シャフトのスプライン(ギザギザ)がエンジン側と上手く合わないとシャフトが刺さりません。
練馬店 | 185 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

練馬店 練馬店