2017年9月5日 更新

アライ工場見学!

実は、埼玉県大宮駅近くにアライヘルメットの本社があるんです! とても身近に感じました(*^U^*) 工場見学では、一番最初にヘルメットの規格について教えて頂きました! SNELL規格とJIS規格の耐衝撃性試験、耐貫通性試験を見せていただきました。 通常、大体のヘルメットはJIS規格が通っています。 アライヘルメットは、SNELL規格も通しているのです! また、SNELL規格を上回る『アライ規格』を独自で設けてテストをしています!! シールドも、そう簡単には折れたりしません! 6mmの鉄の球を、高速で打ち付ける試験でも貫通せず、へこむ程度でした! シールドが、いかに大事か実感しました。

409 view
最近、涼しかったり、蒸し暑かったり落ち着かないですね
今年は、大型免許を取りたいとっきーです(*`∀´*)

そんな中、アライヘルメット工場見学に行って参りました!

実は、埼玉県大宮駅近くにアライヘルメットの本社があるんです!
とても身近に感じました(*^U^*)


工場見学では、一番最初にヘルメットの規格について教えて頂きました!
SNELL規格JIS規格の耐衝撃性試験、耐貫通性試験を見せていただきました。
通常、大体のヘルメットはJIS規格が通っています。
アライヘルメットは、SNELL規格も通しているのです!
また、SNELL規格を上回る『アライ規格』を独自で設けてテストをしています!!

シールドも、そう簡単には折れたりしません!
6mmの鉄の球を、高速で打ち付ける試験でも貫通せず、へこむ程度でした!
シールドが、いかに大事か実感しました。


次に、ヘルメットの制作工程を見てきました!
ヘルメットの帽体に使う材料を詳しく見せて頂きました。
また、実際に触って折り曲げたりしました。
グラスファイバーケブラカーボンスーパーファイバーなどなど。
簡単に折れる物や、折れづらい物、曲がっても千切れない物がありました。
アライヘルメットで仕様しているのは、大きくしなり、曲げても千切れにくい素材です!
それらの材料をPB-SNC2構造(最新モデル)で製作しています。
簡単に言うとサンドイッチのような構造で製作しています!
その構造で、強度をあげているそうです。

また、ライナー(発泡スチロール)にもこだわっており、3層に分けて製作してます!
頭のてっぺんは柔らかめに、真ん中は少し硬めに、一番下はより硬めにしてるそうです。
やはり、シールドや顎の部分は、帽体の強度は低くなってしまいます。
そのため、少しでも強度を上げようとし、ライナー3にしたそうです。

その後も、転写の工程や、部品取り付け、箱詰めなど見学してきました。


最後に、ヘルメットの取り扱いについて学びました!
実際にヘルメットを触り、シールド交換の仕方や、内装の交換の仕方など教えていただきました!
シールド交換や外すのが怖いとよく耳にします!実際に私自身も怖いと思ってました。
しかし、ポイントを教えてもらい、実践したらすんなり出来ました!
感動致しました・・・(´;ω;`)
IMG_2559.JPG
他の女性スタッフもすんなりできるようになりました!

メガネ加工も教えて頂きました。
メガネをかけていらっしゃるお客様!
内装をメガネ加工できます。
ぜひ、お声掛けください!!
IMG_2572.JPG

工場見学を通して、アライは安全を追求したヘルメットと感じました。
どうしたら、ライダーの方々の命を守れるか。
どうしたら、より、安全にできるか。
など考えて試行錯誤していることが分かりました!!


そして!ナップス埼玉店は、アライヘルメットのプロショップです!
店頭でご購入頂いたお客様に無料でフィッティングをしております。
講習を受けたスタッフが、お客様の頭に合った、サイズ、内装をご相談致します!
お客様だけのヘルメットができちゃうんです!!!
お気軽にスタッフにお声掛けください!!
お待ちしております!

IMG_253.jpg

1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ヘルメットの装着感が・・・モトから違う!

ヘルメットの装着感が・・・モトから違う!

ヘルメットを色々と試着してみると・・・ 超有名なメーカーは装着感が違う?なんでだろう? 漠然と 内装が作りの違いだろうとは思ってましたが、実際に比べるとこんな感じです。 【黒】日本生産モデルと、 【白】海外生産モデルの違いみたいです。 その作りは...
練馬店 | 706 view
【耳が痛い】ヘルメットスピーカー装着の工夫

【耳が痛い】ヘルメットスピーカー装着の工夫

インカムや、音楽を聴く用にヘルメットスピーカーを装着されてる方多いですね。 ヘルメットを長くかぶっていると『耳が痛く』なる !・・・改善できるかもしれません。
練馬店 | 2,980 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。
運転中は道を歩く子どもに要注意!

運転中は道を歩く子どもに要注意!

ライダーであれば、絶対に避けたいのが人身事故です。人身事故は当事者の尊い命や健康が奪われることもある、被害者にとっても加害者にとっても最悪の事態。ツーリングの機会が増えるこの季節こそ、いっそう人身事故に気をつける必要があります。今回は、人身事故の中でも特に「子どもが被害者になる事故」に関する注意点をご紹介します。
【除電】電気のちからってすげー!?

【除電】電気のちからってすげー!?

みなさん静電気はご存知ですよね? 冬場に洋服を脱いだりするときにバチバチ来たり、ドアノブを触ろうとするとバチッと来るアレです! その静電気ですが、実はオートバイや車の性能にも悪影響があり、溜まっている静電気を解消してあげると良いことが近年判ってきました! 代表的な実例としては、某自動車メーカーがスポーツ車だけではなく商用バンやミニバンにも、静電気の帯電による悪影響を緩和させるためにアルミテープを採用したことが有名です。 様々な人が実際にアルミテープを貼って試している実例や、技術情報を調べてみると、電気的な作用というよりは『空気や油など』に作用して、スムースな動きを妨げることが影響しているようです。
三鷹東八店 | 622 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

埼玉店 埼玉店