2018年3月14日 更新

『コンスタントライジングレートってなに?』

VFR1200F DCT カスタム報告です。(^O^)/ 今回取り付けパーツは、 フロントフォークスプリング『コンスタントライジングレート』と  SKF フォークシールです。 特徴は不等ピッチスプリング。 サスペンションの動きに追従してバネレートが常に変化。 柔らかすぎず、硬すぎない状態を維持し、 高負荷のコーナリングや急ブレーキ時も踏ん張る力を持ちます。

384 view
VFR1200F DCT カスタム報告です。(^O^)/
DSC_0252.JPG
今回取り付けパーツは、
Hyperpro社
フロントフォークスプリング『コンスタントライジングレート』と
 SKF フォークシールです。

DSC_0139.JPG
DSC_0140.JPG
特徴は不等ピッチスプリング。 
サスペンションの動きに追従してバネレートが常に変化。
柔らかすぎず、硬すぎない状態を維持し、
高負荷のコーナリングや急ブレーキ時も踏ん張る力を持ちます。

実際の体感では、 
1.ギャップ通過がソフトになりました。特にも戻りが良い
2.ブレーキング後のフォークのはねっ返りがなめらか!!\(◎o◎)/!
3.コーナー手前のブレーキング時におけるキャスタの変化がやさしい。
4.共振? 振動が少ない?!
5.気がついたらフルストロークしている(徐々にバネレートプリロードが上がる特性が良し!!)
6.抵抗の無いSKFシールが初期の動きに一役勝っている。

(更にカスタムは、終わらない!!)

ステッカーを張る為に台座を制作します。
IMG_1584.JPG
切り出し
IMG_1583.JPG
フロントフォークにつくように曲げます。
ソケットプレス!!<(`^´)>
IMG_1585.JPG
ブラック塗装して貼り完成。
IMG_1586.JPG
いざ!! 取り付け
DSC_0338.JPG
SKFの
56Racing でストロークセンサー
そして HYPERPROステッカー!! 
快適通勤マシーンに!!なりましたね。

では、次回もお楽しみに!! 
DSC_0156.JPG
夜の月明かりが良かったので パシャリ(^^♪


1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

国内仕様最強のVFR1200F DCT を目指して!!

国内仕様最強のVFR1200F DCT を目指して!!

「VFR1200FDCT」吸気パーツを加工してどの様な変化が出るのか実験/検証をおこないました。 手作り!?︎ ハンドメイド.ワンオフの2段ファンネル 加工!!\(◎o◎)/!
【除電】電気のちからってすげー!?

【除電】電気のちからってすげー!?

みなさん静電気はご存知ですよね? 冬場に洋服を脱いだりするときにバチバチ来たり、ドアノブを触ろうとするとバチッと来るアレです! その静電気ですが、実はオートバイや車の性能にも悪影響があり、溜まっている静電気を解消してあげると良いことが近年判ってきました! 代表的な実例としては、某自動車メーカーがスポーツ車だけではなく商用バンやミニバンにも、静電気の帯電による悪影響を緩和させるためにアルミテープを採用したことが有名です。 様々な人が実際にアルミテープを貼って試している実例や、技術情報を調べてみると、電気的な作用というよりは『空気や油など』に作用して、スムースな動きを妨げることが影響しているようです。
三鷹東八店 | 802 view
「VFR1200F DCT」国内仕様をフルパワー仕様に!! 

「VFR1200F DCT」国内仕様をフルパワー仕様に!! 

VFR1200F 国内の方には、素敵な情報?!かもしれませんよ(^^♪ VFR1200F 輸出仕様のエキゾーストパイプを入手しまので、取り付け画像を公開します。 HONDAが作る国内/輸出仕様は、ここまで変えているのがすごいぜ!HONDA!! ご覧ください! 「国内最強のVFR1200F DCT制作記録」を!!!
「ECU tuning」 HONDA VFR1200F DCT 国内仕様

「ECU tuning」 HONDA VFR1200F DCT 国内仕様

今回のVFR1200Fネタは、ECUtuningです。
バイクを知る!! 『ECU制御の真実?!』 VFR1200F DCT

バイクを知る!! 『ECU制御の真実?!』 VFR1200F DCT

今回のテーマですが「ECU制御を目視すること」 ・・・・・ライドバイワイヤー(スロットルバイワイヤー)・・・・・・・ ライダーの意思(スロットル操作)は、信号に変換されてECUに情報として入力します。 ECUは、エンジン回転数/気温/気圧/エンジン温度/吸気温度/排気ガス/燃料量/速度/シフト/ライダーの意思など、様々な情報をセンサーによって読み取り、 初めに開発者が決めた、バイクの乗り味などを考慮した 基礎データ内スロットル開度と各補助センサーで収集し、変動した補正値より最終的に実際のスロットルを開閉を行っています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ベイサイド幸浦店 ベイサイド幸浦店