2018年10月16日 更新

LEDヘッドライト取付 ZRX1200DAEG

ZRX1200 DAEG の LEDヘッドライト取付のご依頼をいただいたのでご紹介します。 LEDヘッドライトはスフィアライトのライジング2!当店では一番人気です。 取り付け可否の確認がされてる車両も幅広くて価格もお手頃かと。 従来品に比べて、明るさ150~200%UP!純正基準でムラのない配光設計。

350 view
こんにちは。ナップス前橋インター店のTZです。
冷え込んで秋らしくなったと思ったら急に暑くなったりしてます。
ツーリングシーズンですが、快適に走れる準備はみなさんいかがでしょうか。

今回はZRX1200 DAEG の LEDヘッドライト取付のご依頼をいただいたのでご紹介します。

これまでご使用されてたHIDが不調で入庫しましたが、LED化することに決定!色々外してHIDのバラスト本体も外しちゃいます。


3.JPG
すると・・・ヘッドライトバルブ後ろ側のダストカバーがHIDバルブを取付するために加工されてる?
うまく加工しないと防水、防塵になりません(汗)。

今回は事前にカワサキ純正部品を用意しておきましたので新品ダストカバーに交換します。


5.5.JPG
肝心のLEDヘッドライトはスフィアライトのライジング2!当店では一番人気です。
取り付け可否の確認がされてる車両も幅広くて価格もお手頃かと。
従来品に比べて、明るさ150~200%UP!純正基準でムラのない配光設計。


6.JPG
いきなり完成!
ヘッドライトとカウルを外しますが、コンパクトな設計なので特に加工もなくサクサクッと付きます。


仕上げに光軸調整(別料金で前橋店のみ)。ヘッドライトテスターを使います。
当店のテスターは新光源非対応の旧型ですが15,000カンデラありました。
15,000カンデラあれば保安基準適合。
新光源対応の新しいテスターならもっと高い数値が出るはずです。
従来のLEDヘッドライトは車検に通らないケースがありましたが、これなら大丈夫そう!数値的には問題なし、車検対応です!

当店ではこのLEDヘッドライトで何台も車検を通してます。
特に純正のハロゲンライトで暗くて光量が足りない旧車などは消費電力も少なくておすすめです


もちろん現行車でも純正は大半がハロゲンライトなので、LEDヘッドライトなら点灯直後に最大光量になり明瞭かつ広い視界!
比較的簡単に取付。おすすめです

汎用品ですので車両によっては小加工や取り付けできない車両もありますのでお問合せ下さい

8.JPG
ピッッカーーン!!
ではまた





1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ヴォスナーピストン入荷 ZRX1200DAEG

ヴォスナーピストン入荷 ZRX1200DAEG

ピストンスカートはレッドモリコート!初めて見ました! 最新のパーツはスゴイですね~。 初期の馴染みや摩擦低減に効果あり。 なんせキレイだしカッコイイ!
OZホイール GASS RS-Aに交換! CB1300とDAEG

OZホイール GASS RS-Aに交換! CB1300とDAEG

ワインディングや街中を軽快に走る方法のひとつに・・・ ホイール交換!? なんせ当店ではOZホイールが人気上昇中! 特に、6本スポークのGASS RS-Aが圧倒的に多いんです。 しかもCB1300SBとZRX1200DAEGが、ほぼ同時期に入庫されたのでこれをリポートさせていただきましょー♪
Vストローム1000 タイヤ交換

Vストローム1000 タイヤ交換

最近はこういうアドベンチャー系に乗る方も増えてきました。 当店では新しい250㏄の方も増加中です。 お選びいただいたのは今年2月に登場した「ブリヂストン A41」! アドベンチャー系でオンロードメインのツーリングにピッタリ。 高いウェット性能で急な天候変化でも安心・安全!
GSX1300R隼 タイヤ交換

GSX1300R隼 タイヤ交換

今回のチョイスは定番ツーリングタイヤ、ブリヂストンのBT-023 前後セットタイヤです。 前後別々でのご購入よりも圧倒的にお買い得です。 前輪か後輪のどちらかだけ交換ご希望の場合でもセットの価格を見て、両方換えてしまう方も多くいらっしゃいます。 クセのないハンドリングでロングライフ。 今、装着されてる方も多いんじゃないでしょうか。 用途がツーリングメインの方、ライフ性能を重視される方におすすめです。
XJR1300 前後タイヤ交換

XJR1300 前後タイヤ交換

さっそくフロントタイヤ、電気式のメーターセンサーを外して中のローターセンサーを出すと・・・ まっぷたつに割れてる!? 実は「 XJRあるある 」 です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

前橋インター店 前橋インター店