2017年5月16日 更新

ラスペネL?C?違いはちゃんとありまぁす!

まず、ガスの種類。 ラスペネ L は LPG、ラスペネ C は CO2。 噴射範囲が L は霧状の広範囲で、C は液状で狭め。 なので防錆目的であれば L でも良いのですが、 固着したボルトを緩めたい時など、ピンポイントで噴射したい場合は C がおすすめです。

1,965 view

ワコーズ製品で知らない方も多いのでは...?
というラスペネ L と C の違い
IMG_1792.JPG

見た目はちょっと似ていて、大きさも変わらないのですが、結構違いがあります…
なにが違うのかというと..
値段と名前が違います!(ドヤ顔)


まず、ガスの種類。
ラスペネ L は LPG、ラスペネ C は CO2。
噴射範囲が L は霧状の広範囲で、C は液状で狭め。
なので防錆目的であれば L でも良いのですが、
固着したボルトを緩めたい時など、ピンポイントで噴射したい場合は C がおすすめです。

そして、内容量、液量。
内容量で言えば、L のほうが 420ml で多いのですが、
液の量は、L が 258ml、Cは350mlで、実は液体自体はCのほうが多い!
裏面に液量が記載されているのです〜。
IMG_1793.JPGIMG_1794.JPG
あとは、C はフッ素樹脂配合で潤滑効果が高かったり、360°噴射可能だったり。。


最近 L ばかり売れていたので載せてみました。

値段は L の方が安くて、ぱっと見容量も多く見えますので L をを選びがちですが、
C のほうが売れるはずの商品なのですね(_ _)

人もケミカルも見た目に騙されてはいけませんねΣ(-᷅_-᷄๑)

1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「フリクションロス」の少ないパーツの導入が効果的。ケミカルもヨシ!

「フリクションロス」の少ないパーツの導入が効果的。ケミカルもヨシ!

なんと言おうとも「やっぱりスルスル走る軽量スポーツってサイコーだよね!」
横浜店 | 2,794 view
バイクにワイヤリングしてあると、なんかカッコイイ

バイクにワイヤリングしてあると、なんかカッコイイ

レースではレギュレーションにより、施さなければいけないワイヤリングですが、やっぱりワイヤリングしてあるバイクは、なんかレーシーでカッコイイ!カッコイイだけじゃなく、実用的なワイヤリング。この機会にマスターしてみては?
横浜店 | 60,721 view
嫌~なフロントフォークの錆防止!

嫌~なフロントフォークの錆防止!

耐荷重性、耐熱性、低摩擦性、撥水・撥油性、耐久性に優れており、ほとんどの樹脂やゴムを侵さない! 溶剤、薬品にも強く、長期間持続します。
バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 1,352 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 2,438 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

仙台泉インター店 仙台泉インター店