2017年12月28日 更新

今更聞けない、ライディングシューズ・ブーツのいいところ!!

「バイク用の靴って、普通の靴に比べて何が違うの??」 というご質問です(o゚∀゚o) これからバイク用のシューズやブーツをお選びいただくお客様はもちろん、既に履かれているお客様も、ぜひ今後のご参考にして頂ければと思います。 インターネットを見ていても、各ジャンル毎のシューズ・ブーツの説明はあっても、 「そもそも、なぜ履かなければいけないの ??(´ω゚)」 「じゃあ、普通の靴だとどうなるのさ ??(´・ω・)」 という答えが中々見つかりません。 ならばと思い、本日はご説明しちゃいますよ♪♪

2,128 view

去年よりも大分寒い気がしますが、それでもバイクに乗られたお客様に毎日訪れて頂けています!!

さてさて、
本日のブログでは、日頃お客様から寄せていただいている疑問にお答えしようと思います!!



本日のQ&Aはコチラ!!

「バイク用の靴って、普通の靴に比べて何が違うの??」

というご質問です(o゚∀゚o)



これからバイク用のシューズやブーツをお選びいただくお客様はもちろん、既に履かれているお客様も、ぜひ今後のご参考にして頂ければと思います。
インターネットを見ていても、各ジャンル毎のシューズ・ブーツの説明はあっても、

「そもそも、なぜ履かなければいけないの ??(´ω゚)」
「じゃあ、普通の靴だとどうなるのさ ??(´・ω・)」

という答えが中々見つかりません。
ならばと思い、本日はご説明しちゃいますよ♪♪


ズバリ、
「バイク用の靴」と「普通のスニーカーやブーツ」との違いは・・・!!



☆シフトガードが付いている☆

DSC_0310.JPG
足の甲の部分に縫われている台形の革。

どうしてもミッション車だとシフトチェンジですり減ってしまう親指~付け根の辺りのこの部分に、あえて2重に生地をあてることで耐久性を高めております(∩´∀`)∩

普通のスニーカーやブーツですと、このシフトチェンジをする部分だけやたら傷んだり、ひどい場合だと穴が空いてしまいます( ゚ω゚;)
お気に入りの靴だったら最悪ですね・・・
バイク用の靴だったら、その心配はかなり少なくなりますよ★


☆靴紐の巻き込み防止機能☆

DSC_0303.JPG
やっぱり紐靴ってカッコイイですよね(人゚∀゚*)

でも、バイクに乗っている間に履いていると、靴紐がステップと絡まったりしそうで何だか恐い・・・
と、いうお客様にも安心して履いて頂けるように、こんな工夫があります。

DSC_0307.JPG
結んだ靴紐をこのように上に持ち上げ・・・(*゚ω゚*)


DSC_0306.JPG
靴の脱ぎ履きがしやすくなる「サイドジッパー」の上部に付いているこのベロを開きます。

ちなみに、このサイドジッパーが付いているということ自体と、また、そのジッパーで車体を傷つけないようにジッパーカバーが付いているというのも、バイク用の靴の特徴だったりしますヽ(´∀`)ノ


そして最後に、
DSC_0305.JPG
ベロを閉じれば、靴紐がまとまりました !!((o(´∀`)o))
完全に絡まりを防ぐというのは難しいですが、元々の状態よりかなり安心感は高まります。

革靴だと、この「WINGLOVE」というメーカーの靴についているほか、シューズタイプだと「アルパインスターズ」のシューズにも、この機能が付いていますよ(o'∀')b


☆耐油・耐水性の高い靴底☆

バイク乗りにとっては切っても切り離せない関係の「オイル」(ノ)´∀`(ヾ)
そして、出来れば降ってほしくない「雨」(´+ω+`)

万が一、車体のオイルが飛び散っている場合や、また、雨天時のライディングでもステップから足が滑りづらく、また、信号待ちなどで地面に足を付いた時に「ズルッ」といくことも減るかと思います。

主に、スポーツタイプのシューズ、とりわけ当店においてあるシューズですと「RS TAICHI」や「elf」のシューズなどにこの機能が付いています(ノ´∀`)ノ
この辺りも、普通の靴には中々備わっていない機能かと思います!!


☆透湿防水性能があり、雨天時のライディングもこなせる☆

前項に続いて、やっぱりライダーの天敵である「雨」(´・ε・`)
でも、降ってしまったものはどうしようもありません・・・。
そんな時にも「防水機能」付きの靴を。
出来れば、ムレづらくなる「透湿性能」も付いた靴を履いていると、万が一の時も安心です(o゚∀゚o)


ただし・・・

実は防水機能付きの靴は、

「防水フィルムがあることによる履き心地の悪さと、重量増」
「通気性が悪く、非防水の靴よりムレやすい」

というデメリットがあります。
防水性能が付いていればそれが最上というわけではないので、
ご自身が「雨の時にも乗るか ??」という点を基準にお選びいただければと思います。


☆ヒールのカッティングがライディング専用になっている☆

まずはコチラの画像をご覧ください(^ω^)
DSC_0308.JPG
またまた登場してもらう「WINGLOVE」のブーツの靴底ですが、ヒール部分が斜めにカットされています。

実はコレ、レーシングブーツやスポーツライディング向けのバイクシューズにも施されているカッティングなのです(¬_,¬)b
普通の靴には、ココは当然真っ直ぐなカッティングになっていると思います。

ただ、バイクに乗る上ではこのように斜めにカッティングされていた方が僅かに足先が外側に向いて、シフトチェンジが容易に出来るというメリットがあります。
なので、スポーツ走行をする方はもちろん、ミッション車に乗っている全てのライダーにこのメリットを受けられますq(q'∀`*)


☆くるぶし部分にプロテクターが付いている☆

足の中でも少し飛び出ているくるぶし部分。

転倒時にこの部分を擦る場合が多いため、バイク用の靴はくるぶしが出るような靴が殆どないほか、その部分にプロテクターが入っている場合もありますv(`ゝω・´)

万が一の時に備えての、転ばぬ先の杖ですね♪♪



と、
だいぶ本日のブログも長文になってしまいましたが、以上が一般的な靴とバイク用の靴との違いになります((*´∀`*))

ここに挙げた他にも、ステンレス製のワイヤーで靴紐替わりに足元を締める「BOA」機能や、一部の「elf」や「アルパインスターズ」の靴に採用されている「ドライビング対応の靴底」など、まだまだ紹介しきれていない機能が付いている靴が盛り沢山です(・∀・)

ぜひ、店頭にてご覧いただき、また、ご試着頂ければと思います!!


ではでは!!
次回のブログもお楽しみに~(ゝ∀・)ノ
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暑くて焼けるような日が続くので・・

暑くて焼けるような日が続くので・・

ワタクシの愛車のマフラーも相当に熱くなっている様で「焼け」が気になってまいりました。 ワタクシが愛用しているのはブログ担当Aのようにチタンのマフラーではなくステンレスのマフラーなので、頑張って「焼け取り」を楽しむ事にしましょうか・・ あぁ、ワタクシもフルチタンのワンオフマフラーが欲しいッ!軽くてパワーが出てカッコイイ2本出しのレース用マフラーが欲しいぜッ! 今回のドナーはコレ。使用時間が短い予備マフラー君! 今は絶版になってしまったストライカーのパワーミニRR、勝ちに行く時用の大切なマフラーなのでバッチリ磨いちゃうぜ!(勝負マフラーだぜー・・ 焼けも軽微なので・・ヨシムラの定番ケミカル「ステンマジック」で磨いてみます!
横浜店 | 305 view
ブレーキ減ってませんか? 『パッド』 『ディスク』

ブレーキ減ってませんか? 『パッド』 『ディスク』

ブレーキ減ってませんか? ディスクブレーキはコントロール性能が高く、レースマシンでも使われる構造ですよね。 もしっ 中古車で購入してたり、距離を走ったバイクは一度点検してみませんか? (車両をお持ちいただけれスタッフが摩耗具合を点検しますよ~) ブレーキパッドと接する部分が摩耗し薄くなってきていると・・・『摩擦熱を放出できなくなるので危険!!』  などと言われたりしますが、なかなか普段の運転で体感する事は少ない気もします。 サーキット走行をしたらある事かもしれませんし、山道でブレーキを多用したらなるかもしれません。 (個人的な感想です) 以前GSX-R400Rというバイクに乗ってた時の私の体験談です。 雨の日に......
練馬店 | 213 view
バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,301 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,615 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,387 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

岡山店 岡山店