2018年3月19日 更新

P.E.OピボットシャフトをGSX-R1000 K6に装着するぞ!

今回のパーツはこちら! バイクに乗るのが楽しくなるパーツのP.E.Oゼロポイントシャフトでーす!! 車種によってフロントアクスルシャフト・ピボットシャフト・リアアクスルシャフトの3種類 これを装着すると一段とバイクを操る楽しみがアッーープするミラクルなシャフト!! 今回の車両は・・・GSX-R1000 K6! 本日は、メカニック1号こと【シャフトの事が気になって仕方が無いメカニック】が作業しま~す!

401 view
皆様~!!
すっかり春らしい陽気になってまいりましたよ~
愛車の準備は万全でしょうか?

今回は、これから走りを楽しむ方におススメしたい一品をご紹介致しまーす!

今回のパーツはこちら!

バイクに乗るのが楽しくなるパーツのP.E.Oゼロポイントシャフトでーす!!
車種によってフロントアクスルシャフト・ピボットシャフト・リアアクスルシャフトの3種類がございます~
これを装着すると一段とバイクを操る楽しみがアッーープするミラクルなシャフト!!

0.JPG
車両は・・・GSX-R1000 K6でございますよ~
このバイクはよーく見るとしっかりカスタムされております~
走りを楽しんでいるオーナーの表情がつたわってくるこだわりの1台!

1-1.JPG1-2.JPG
すでにフロントアクスルシャフトはゼロポイントを装着済みですので
今回はピボットシャフトを変更してしてみたいと思いまーす!
本日は・・メカニック1号こと【シャフトの事が気になって仕方が無いメカニック】が作業しま~す!
愛車に次回愛車に装着するとのことで・・・楽しみ~! では開始!!

またがって右側はこんな感じ
1-3.JPG1-5.JPG
左側はこんな感じ
IMG_3506.JPG1-6.JPG
そしてピボットシャフトを外すのに欠かせない特殊工具! またがって右側はこれを使って外しまーす!
1-10.JPG1-11.JPG
と27mmのソケット(ピンボケしてますがスイマセン。)
IMG_3510.JPG1-12.JPG
どれくらい突き出してるのか気になって、【シャフトの事が気になって仕方が無いメカニック】は・・・計測をしております。
取り付け具合によって大きく効果が左右してしまうので慎重に慎重に・・・
1-13.JPG
では早速! はーい!
1-14.JPG
またがって右側の特殊ナットとれました~!!
1-14-1.JPG
またがって左側のフランジナットもとれました~!!
1-12-2.JPG
次にシャフトを抜いてみましょう。回して回して~しばし回しまーす。意外と抜きずらいでーす。なんででしょ??
1-15.JPG1-16.JPG
はい! 抜けましたよっと。向こう側が見えますよ~
1-17.JPG1-17-1.JPG
抜いたピボットシャフトはサイドスタンド側に水分がたまりやすいのでしょうか、ネジ山チョイ手前に錆が発生しておりまーす。これが原因で抜きづらかったと思われます~
1-17-2.JPG
【シャフトの事が気になって仕方が無いメカニック】は・・・重さ・太さ・長さを測定し始めました。
1-8.JPG1-7.JPG
1-19.JPG1-9.JPG
あまり純正と変わらず・・・大きな違いはシャフトの表面がすごーくツルツルしている事ぐらいでしょうか??
【シャフトの事が気になって仕方が無いメカニック】が人差指でなでなでしておりました~

では、取り付けてみましょう~んん?
あら不思議・・シャフトがスルスル抵抗なくスムーズに入ってゆく~はい! 入りましたよ~
1-21.JPG1-22.JPG
1-23.JPG
【シャフトの事が気になって仕方が無いメカニック】がしっかり取り付け確認をして作業終了でーす。
1-24.JPG1-26.JPG
1-27.JPG
装着後の感想ですが・・・車両を手で押して動かして気づいたのですが、
車両を押していると真っすぐふらつかず安定してスッと動かしている感じがしました。
オーナーにも手で押して動かしてもらい体感して頂きました。

さぁ~実際の走行でどのような事が体感できるのか楽しみです! 感想はまた次回!!
【シャフトの事が気になって仕方が無いメカニック】でした~



1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【除電】電気のちからってすげー!?

【除電】電気のちからってすげー!?

みなさん静電気はご存知ですよね? 冬場に洋服を脱いだりするときにバチバチ来たり、ドアノブを触ろうとするとバチッと来るアレです! その静電気ですが、実はオートバイや車の性能にも悪影響があり、溜まっている静電気を解消してあげると良いことが近年判ってきました! 代表的な実例としては、某自動車メーカーがスポーツ車だけではなく商用バンやミニバンにも、静電気の帯電による悪影響を緩和させるためにアルミテープを採用したことが有名です。 様々な人が実際にアルミテープを貼って試している実例や、技術情報を調べてみると、電気的な作用というよりは『空気や油など』に作用して、スムースな動きを妨げることが影響しているようです。
三鷹東八店 | 799 view
ナップスでのブレーキパット交換の巻

ナップスでのブレーキパット交換の巻

「ナップスでブレーキパット交換頼んだらこんなんやりますよ」ってのをご紹介したいと思います。 PITで使っているケミカルもご紹介!
ナップス 豊橋店 | 1,593 view
250ccクラス最強のセットは、やはり最強だった!

250ccクラス最強のセットは、やはり最強だった!

YZF-R25やNinja250R、Ninja250SL、CBR250Rの車両には、コレを入れるしか無い!!
横浜店 | 4,333 view
時速210Kmオーバーで走ったことありますか?

時速210Kmオーバーで走ったことありますか?

国内販売されているバイクやクルマによく付いているゴム製のエアバルブなんですが、状態が良くても210Km/hまでの耐久力なんです。
伊勢原店 | 24,214 view
ドドーンと4本入荷しました!

ドドーンと4本入荷しました!

伊勢原店にも色々マフラーがありましたが、ビックバイクのチタンフルエキゾーストを在庫で置いたのは久々です! 今回はフルエキゾーストマフラー2セットとスリップオンマフラーを2セット入荷しました!
伊勢原店 | 238 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千葉北インター店 千葉北インター店