2017年3月22日 更新

女性でも簡単!バイクの取り回しのコツ

バイクの購入を考えている人が考慮するポイントで多いのが、そのバイクの取り回しの良さではないでしょうか。ライダーにとって取り回しの良さはとても重要です。実際のところ教習所に通っている段階でも、この「取り回し」が大きなポイントになります。難しいと思われがちなバイクの取り回しですが、コツさえつかめば女性でも大丈夫です!

975 view

バイクの取り回しのコツとは

 (8416)

静止状態の時は、バイクのタンクとシートの中間くらいで、腰を添えて支えるようにします。バイクを少しだけ自分の側に傾けるようにしますが、傾けすぎないように気をつけてください。

バイクを取り回す時は、手や腕の力で一生懸命押そうとすると重くてたまりません。手ではなく腰でマシンを押すようなイメージで取り回すことが大切です。前進する時であれば、前に倒れこむような感じで腰を入れてタンクを押すように取り回します。後退するときは、逆に腰でシートを押すようなイメージで後ろに倒れこむようにします。

特に女性がフラついてしまいがちな取り回しのタイミングは方向転換の時でしょう。方向転換の際には、行きたい方向に身体ごとその方向に向けて押していきます。決して手だけで車体を曲げようとしないことがポイントです。特に自分が立っている側と反対方向へ方向転換する時はバランスを崩しやすいので、その場合は少しバイクを自分の側に傾けた状態でハンドルをしっかりと行きたい方向へ切るようにします。

こんな取り回し方法も!?

 (8418)

なかには「どすこい押し」という方法で、バイクをフロント側からお相撲さんのような体制でハンドルを握り押していくという取り回し方法もあります。また、取り回しの途中で体制を崩しやすいのがちょっとした段差がある場合です。このような場合はハンドルをまっすぐに固定し、前後に振るようなイメージでバイクを動かし、振り幅を大きくしていって勢いを少しつけて段差を乗り越えるという方法があります。

まとめ

 (8419)

バイクの取り回しは慣れが重要です。一旦慣れてしまえば、華奢な女性でも平気で取り回せるようになりますので頑張りましょう!
9 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,301 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,615 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,387 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,782 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン