2017年3月22日 更新

女性でも簡単!バイクの取り回しのコツ

バイクの購入を考えている人が考慮するポイントで多いのが、そのバイクの取り回しの良さではないでしょうか。ライダーにとって取り回しの良さはとても重要です。実際のところ教習所に通っている段階でも、この「取り回し」が大きなポイントになります。難しいと思われがちなバイクの取り回しですが、コツさえつかめば女性でも大丈夫です!

967 view

バイクの取り回しのコツとは

 (8416)

静止状態の時は、バイクのタンクとシートの中間くらいで、腰を添えて支えるようにします。バイクを少しだけ自分の側に傾けるようにしますが、傾けすぎないように気をつけてください。

バイクを取り回す時は、手や腕の力で一生懸命押そうとすると重くてたまりません。手ではなく腰でマシンを押すようなイメージで取り回すことが大切です。前進する時であれば、前に倒れこむような感じで腰を入れてタンクを押すように取り回します。後退するときは、逆に腰でシートを押すようなイメージで後ろに倒れこむようにします。

特に女性がフラついてしまいがちな取り回しのタイミングは方向転換の時でしょう。方向転換の際には、行きたい方向に身体ごとその方向に向けて押していきます。決して手だけで車体を曲げようとしないことがポイントです。特に自分が立っている側と反対方向へ方向転換する時はバランスを崩しやすいので、その場合は少しバイクを自分の側に傾けた状態でハンドルをしっかりと行きたい方向へ切るようにします。

こんな取り回し方法も!?

 (8418)

なかには「どすこい押し」という方法で、バイクをフロント側からお相撲さんのような体制でハンドルを握り押していくという取り回し方法もあります。また、取り回しの途中で体制を崩しやすいのがちょっとした段差がある場合です。このような場合はハンドルをまっすぐに固定し、前後に振るようなイメージでバイクを動かし、振り幅を大きくしていって勢いを少しつけて段差を乗り越えるという方法があります。

まとめ

 (8419)

バイクの取り回しは慣れが重要です。一旦慣れてしまえば、華奢な女性でも平気で取り回せるようになりますので頑張りましょう!
9 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。
運転中は道を歩く子どもに要注意!

運転中は道を歩く子どもに要注意!

ライダーであれば、絶対に避けたいのが人身事故です。人身事故は当事者の尊い命や健康が奪われることもある、被害者にとっても加害者にとっても最悪の事態。ツーリングの機会が増えるこの季節こそ、いっそう人身事故に気をつける必要があります。今回は、人身事故の中でも特に「子どもが被害者になる事故」に関する注意点をご紹介します。
予想のつかないゲリラ豪雨の最新情報・雨雲レーダーをチェックする方法

予想のつかないゲリラ豪雨の最新情報・雨雲レーダーをチェックする方法

急に黒い雲に覆われ気づけば土砂降りの雨…。ツーリング中ゲリラ豪雨に見舞われたことはありませんか?ゲリラ豪雨は何時間も前に予想するのは難しいと言われています。「じゃあ回避のしようがないってこと?」そんなことはありません。最近ではスマートフォンアプリで雨雲レーダーが登場しており、最新の雨雲情報を確認することができます。
Nap's-ONマガジン | 1,142 view
愛車を守れ!バイク盗難の現状と対策を知っておきましょう

愛車を守れ!バイク盗難の現状と対策を知っておきましょう

「せっかく自分好みにカスタムをした愛車が盗まれた!」なんてことはなんとしてでも防ぎたいものです。あまり考えたくはないことではありますが、その分しっかりと考えておかなければいけないことでもあります。そこで今回はバイクの盗難に関する現状や対策などを紹介していきます。
Nap's-ONマガジン | 1,097 view
ライダーがしておきたい夏バテ防止法をご紹介!

ライダーがしておきたい夏バテ防止法をご紹介!

夏の炎天下の中でも、ツーリングを楽しむためにライダーが意識しておきたいことは「夏バテ防止」です。日ごろから対策をしておかないと、いざというときに熱中症にかかってしまう恐れも。では、夏場のツーリングを存分に楽しむために、ライダーがしておきたい夏バテ防止とはどのようなことなのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン