2018年7月18日 更新

暑い季節は熱中症にご注意を!

夏の暑い季節、ライダーが気をつけなければいけないのが熱中症です!太陽の日差しに加え、バイクのエンジン熱や周囲の車の熱を受けながらツーリングをするため、真夏のライダーは大変な思いをしているでしょう。そこで今回はライダーのための熱中症対策方法をご紹介します。

955 view

水分&塩分補給

 (9597)

夏のライディングでは、想像以上に水分が抜けていきます。ライディング中にトイレに行きたくなるのを避けるために水分をあまりとらないのはNG。喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をしましょう。また、水分補給と同じくらいに塩分補給も大切です。汗とともに塩分も体から抜けてしまうので、塩分も補給します。食塩水や塩分を含んだ飴、梅干しなどがオススメです。さらに、レモンには疲労回復効果があるため、レモン水を作って補給することも◎!レモン水と塩分を含んだ飴などを組み合わせることも熱中症対策に役立つでしょう。

便利アイテム!使い捨てのウェットおしぼり

 (9600)

夏のライディングにとり入れたいアイテムは、ウェットおしぼりです。コンビニエンスストアにウェットおしぼりが売っているので簡単に入手できます。ウェットおしぼりで顔周りや首周りをサッと拭くだけで爽快感が味わえることが魅力です。こまめに冷却することで熱中症になりにくい環境をつくります。ウェットおしぼりの他に爽快感が感じられる冷却シートもオススメです。

冷却ベストを着る

 (9603)

真夏のライディングを体験したことのある人なら「バイクから冷気がでる機能ないかな」と考えたことがあるでしょう。なんとライダー用の着るクーラー「冷却ベスト」がすでに販売されています!MACNA(マクナ)の冷却ベストには、胸部にある注入口から500mlの水を入れるだけで、最大約3日間体感温度を15℃さげる機能があるようです。国際特許も取得している冷却ベストも販売されているので安心して活用することができます。

熱中症にならないために体力づくりも重要!

熱中症にならないようにするためには体力をつけることも大切。普段から適度に体を動かして汗をかくことで、体が汗を出すことに慣れてくれます。そのため、汗をかき慣れていて体力もある方が熱中症になりにくいでしょう。夏のライディングに向けて体力をつけ、熱中症対策を行い快適な夏のライディングを楽しんでくださいね。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 4,802 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,999 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 4,188 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 2,068 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,076 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン