2017年8月23日 更新

ライダーがしておきたい夏バテ防止法をご紹介!

夏の炎天下の中でも、ツーリングを楽しむためにライダーが意識しておきたいことは「夏バテ防止」です。日ごろから対策をしておかないと、いざというときに熱中症にかかってしまう恐れも。では、夏場のツーリングを存分に楽しむために、ライダーがしておきたい夏バテ防止とはどのようなことなのでしょうか?

1,046 view

バイクウェアにこだわる

 (9872)

夏のツーリングでは、高い気温に加えてバイクのモーター熱がライダーに伝わります。そのため、ライダーは必要以上の熱を感じながらツーリングをしていることに。一定量の熱を吸収してしまうと熱中症にかかってしまう恐れがあるため危険です。かといって、モーターの熱をおさえることはできませんよね。そこで、バイクウェアにこだわることをおすすめします。

通気性やデザイン性、機能性を考え抜いたバイクウェアは、真夏のライディングに必須。裏地がメッシュになっているウェアや、速乾力のあるインナーなど夏のライダー向けウェアが多くあります。さらに、ヘルメットエアコンと呼ばれる冷却機能のついたヘルメットも販売されているので、夏バテ対策としてとり入れてみましょう。

喉が渇いていなくても積極的に水分をとる

 (9875)

ライダーの夏バテ防止に効果的な水分補給。汗とともに水分が体外にでてしまうため、積極的に水分を摂取しなければ脱水症状になってしまう恐れがあります。そのため、喉が渇いていなくても水分を補給することがポイントです。中には「水分をとると、ツーリングの途中でトイレに行きたくなってしまうからあまり水は飲まない」という人もいるようですが、夏はこまめに水分補給を行わないと熱中症にかかる危険性があるので積極的に補給しましょう。

また、汗で塩分も体外にでてしまうので塩分が含まれている飴や、食塩水などで塩分をとるようにすることが必要です。

日ごろから体力づくりをしておく

 (9878)

夏の暑さにより体力が消耗されて疲れやすくなります。そのため、ツーリングに行く前などに体力づくりをしておくことがおすすめです。「ランニングをしたり、筋トレをしたりしながら汗をかく」という習慣を身に付けておくと、夏場の長距離ツーリングでも最後までエネルギーを保ったまま楽しむことができるでしょう。汗をかき慣れていないと、汗をかくことだけでエネルギーを使ってしまいます。しかし、日ごろの体力づくりを通して、体力回復の方法を知っておくと余計なエネルギーを使わずにライディングが楽しめるはずです。

猛暑に負けず、思いどおりのライディングを楽しむ

「夏にこそバイクで行きたいところがある!」と思っている人も多いでしょう。暑さを理由に行くことを断念している人も、夏バテ対策をしっかりと行えば大丈夫。体力づくりをして、夏仕様のウェアを用意し、夏ならではのツーリングも楽しみましょう!
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 4,113 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,835 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,826 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,956 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,002 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン