2017年9月26日 更新

バイクの取り締まりが厳しい昨今、絶対NGな改造とは?

長年バイクに乗っていると「そろそろこのバイク改造したいな」という改造欲にかられる人もいるはず。実際に街中で、人の目を引くようなバイクが走っている光景を見たことがあるという人もいるでしょう。しかし、知識のないままバイク改造することは危険です。中には法律上、やってはいけない改造も存在します。今回はその代表的なNG改造をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

6,482 view

マフラーの音量に気を付けて!

 (10093)

改造したい部分にマフラーを挙げる人がいるでしょう。マフラーから出る排気音も注意しなければ違法になってしまいます。法律上、バイクの騒音規制値は94デシベル以下と定められています。94デシベルと聞いてもピンとこない人も多いと思いますが、電車のガード下や5メートルほど先の犬の鳴き声で90~100デシベルという感覚です。ガード下の音は割と存在感がある方なので、それと比較して、普通の状態では法定基準を超えない事が分かるかと思います。しかし、インナーバッフルが装着されていない場合は94デシベル以下に抑えることができなくなり、整備不良となるため注意が必要です。

サイドナンバーの縦置きはNG

 (10096)

サイドナンバーはナンバープレートをリアフェンダーの左右どちらかに取り付ける、カスタムアイテムのことを指します。一般的に横置きのナンバープレートを縦置きに取り付けるカスタムをする人が多いようですが、日本においてはナンバープレートの縦置きは違法です。また、湾曲させて取り付けることもNG。警察に見つかった場合は違反金6,000円を支払わなければいけません。結果的に横置きのナンバープレートしか取り付けられないため、サイドナンバーは改造しない方がいいと言えるでしょう。

ライト類のNGは?

 (10099)

また、カスタム度が高いものの一つに灯火類も挙げられています。ウインカーやブレーキランプをLEDにカスタムしたり、カラーの変更やウインカーの点滅速度をカスタムしたりという人が多いようです。いずれもカッコよくできたり目立ったりしますが、灯火類のカスタムは整備不良灯等違反とみなされ、違反切符を切られてしまう可能性があるため注意しましょう。

年々厳しくなっているバイクの取り締まり

バイクの改造に関して、年々法の目が厳しくなっているのが現状です。改造する前に、法に触れていないか、違反にならないかなどを調べることは基本です。指定部品以外を使ってしまうと、せっかくのバイクが押収されかねません。法に触れないように注意しつつオリジナル感を出すことで、自分だけのバイクを楽しんでくださいね。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 1,367 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 2,474 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,331 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。
運転中は道を歩く子どもに要注意!

運転中は道を歩く子どもに要注意!

ライダーであれば、絶対に避けたいのが人身事故です。人身事故は当事者の尊い命や健康が奪われることもある、被害者にとっても加害者にとっても最悪の事態。ツーリングの機会が増えるこの季節こそ、いっそう人身事故に気をつける必要があります。今回は、人身事故の中でも特に「子どもが被害者になる事故」に関する注意点をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン