2017年11月10日 更新

【新米ライダー必見!】冬も快適にライディングするためのオススメグッズ

ライダーになって初めて、もしくは2回目の冬だという新米ライターさんはいますか?言うまでもなく、冬のライディングでは防寒が必須。冬のライディングを快適に過ごすためにも、今のうちから防寒グッズを揃えておきたいですよね。今回は、冬の季節にオススメのグッズをご紹介します!

537 view

一番大切な首元を暖かく!

 (10513)

一身に風を受けるライダーにとって首元は一番大切な部位です。首元が冷えてしまうとカラダ全体の冷えにつながってしまうので、首元防寒のためにネックウォーマーを活用しましょう!首元に特化したウォーマーで、ライダー専用のものが人気です。真冬の寒さは尋常ではないため、鼻の上まで覆るネックウォーマーも販売されています。

ツーリング日の気温に応じて首元だけのものか、鼻の上まで覆るものかを使い分けてみるのもいいですね。ライダー専用のネックウォーマーでなくても問題はありません。おすすめは以下の2点です!

指先の防寒も忘れずに!

 (10519)

首元の他に冷える部分は指先です。指先が冷えてしまうと、思うように動かなくなってしまい、万が一のときに対応ができなくなってしまう恐れがあります。たとえ2重にグローブをしていても、長距離走行をしていると徐々に冷たくなってしまうのです。そのため、ライダー専用のグローブを着用することをおすすめします。グローブの上から防寒用のハンドルカバーを付ければ完璧。風を遮断してくれるほか、雨もしのげる逸品です。

長距離のライディングに欠かせない冬用起毛ズボン

 (10524)

冬のライディングでは下半身の冷えにも気を使わなければいけません。首元と同様、膝や足の指先が冷えてしまうことでカラダ全体が冷えてしまうことになります。特に長距離を走行する場合、スウェットパンツを下に履き、上からオーバーパンツなどのズボンを履いて防寒することを推奨します。細身のパンツルックがいい場合は、スウェットの代わりに起毛仕様の保温タイツを履いておくといいでしょう。

万全の準備をして冬のライディングを楽しもう!

首元、指先、下半身は特に防寒しておきたいところ。冬のライディングを満喫するために、万全の準備をしておく必要があります。ご紹介したアイテムを参考に、自分のライダースタイルに合ったアイテムを揃えてくださいね!
17 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,636 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,713 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,592 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,875 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン