2017年11月17日 更新

秋冬が狙い目!バイク乗り入れ可能なキャンプ場

夏に比べると、秋冬はキャンプというイメージから少し外れるかもしれません。しかし、かえってそれが狙い目なのです。当然ですが、キャンプ場は夏だけオープンしているわけではありません。夏は人が多すぎて尻込みしていたスポットでも、今なら比較的人が少ないかも! そこで、今回は関東近郊でバイク乗り入れ可能な人気キャンプ場をご紹介していきます。

385 view

有野実苑オートキャンプ場(千葉県山武市)

※写真はイメージです

※写真はイメージです

千葉県山武市にある「有野実苑オートキャンプ場」は、都心からバイクで90分というアクセスの良さがありながら、自然豊かな風景に囲まれたキャンプを実現できるのが大きな特徴です。キャンプ場は木々によって個別に区切られており、自分たちに合ったスタイルでキャンプを楽しめます。また、毎週土曜日には農作業体験やクラフト教室が開催されるなど、子供連れでも十分楽しめるのは間違いありません。

施設内にあるリストランテ「ヴェルデューレ リッコ」では、地元の新鮮な素材をたっぷり使用したイタリアンが味わえます。採れたて野菜たっぷりのピッツァを始め、地元千葉の豚肉を使用したスキレット料理やベーコンを使用したパスタなど、ツーリングで空いたお腹を満たすにはこれ以上のものはないというメニューがそろえられているのが大変魅力的です。

道志の森キャンプ場(山梨県南都留郡道志村)

※写真はイメージです

※写真はイメージです

都心から中央自動車道に乗り、バイクを走らせること約1時間50分。ソロキャンプの聖地といわれている「道志の森キャンプ場」は、豊かな自然があふれるスポットとして知られています。特にこれからのシーズンは美しい紅葉が広がるため、キャンプ好きであれば1度は訪れてみたいスポットです。

日中は紅葉狩りを楽しみながら、木々が風でざわめく音や沢のせせらぎ、鳥たちのさえずりなど、自然ならではの音に耳を傾けて心をリフレッシュ。夜は美しい星空を眺めながら焚き火が弾ける音を楽しむなど、都会にいては絶対に味わうことのできない環境を満喫できる点は、大きな魅力といえるでしょう。

1点注意しておくべきポイントとして、11月半ばから春までの間は水場や水洗トイレが使えません。予め水汲みタンクやペットボトルを用意しておきましょう。近場には温泉施設があるため、そちらを利用する方法もあります。

■道志の森キャンプ場webサイト■

■道志の森キャンプ場webサイト■

東古屋キャンプ場(栃木県塩谷郡塩谷町)

※写真はイメージです

※写真はイメージです

バイクで東北自動車道に乗り、走らせること約2時間20分。東古屋湖の畔にある「東古屋キャンプ場」は、1人300円とリーズナブルな価格でキャンプを楽しめるおすすめスポットです。バイクの乗り入れが可能という、ライダーにはありがたい特徴も見逃せません。

芝が良く、炊事場もあるため、気軽にキャンプがしたいという人にはぴったりのキャンプ場です。また、このキャンプ場には釣りが楽しめるという大きな魅力があります。サクラマスやスーパーレインボーなどが釣れることもあり、釣りが趣味のライダーにとってはたまらないキャンプ場といえるでしょう。ただし、キャンプ場の開設期間は11月末までとなっているため、注意してください。

東古屋キャンプ場|観光情報検索 | とちぎ旅ネット

東古屋キャンプ場|観光情報検索 | とちぎ旅ネット
~東古屋キャンプ場~ 栃木県観光物産協会がお届けする公式観光サイト「とちぎ旅ネット」。観光スポット、温泉、宿、グルメ、お土産、お祭りなど、旅のスポット情報を探せます。

番外編/ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)

※写真はイメージです

※写真はイメージです

番外編として今回ご紹介したいのが、都心から常磐自動車道に乗り2時間半ほどの距離にあるテーマパーク「ツインリンクもてぎ」です。このツインリンクもてぎ、日本グランプリが開催されるレース場として有名ですが、キャンプ場としても利用できます。

また、ライダーキャンプと銘打ち自分の愛車でコースを走行できるイベントがあるほか、バイクの運転技術を磨くためのスクールや、林道走行を楽しめるコースが用意されているなど魅力がもりだくさん。ライダーであれば、1度は足を運んでおきたいスポットといえるでしょう。

森の中のモビリティテーマパーク ツインリンクもてぎ

森の中のモビリティテーマパーク ツインリンクもてぎ
森の中のモビリティテーマパーク ツインリンクもてぎは、大人も子供も、レースが好きな男性も山ガールも、たっぷり楽しめる!

防寒対策をしっかりとして、キャンプを楽しもう

これからの季節は気温がグッと下がり、特に自然豊かなキャンプ場であれば真冬並みの寒さになることもあります。キャンプを心ゆくまで楽しむために、防寒対策はしっかりとしたうえで、キャンプ場へ向けて愛車を走らせていってください!
17 件

★ナップスウェブショップで欲しい商品・未掲載商品お探しします!

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

予想のつかないゲリラ豪雨の最新情報・雨雲レーダーをチェックする方法

予想のつかないゲリラ豪雨の最新情報・雨雲レーダーをチェックする方法

急に黒い雲に覆われ気づけば土砂降りの雨…。ツーリング中ゲリラ豪雨に見舞われたことはありませんか?ゲリラ豪雨は何時間も前に予想するのは難しいと言われています。「じゃあ回避のしようがないってこと?」そんなことはありません。最近ではスマートフォンアプリで雨雲レーダーが登場しており、最新の雨雲情報を確認することができます。
バイクを走らせ冬の星空を見に行こう【中国地方編】

バイクを走らせ冬の星空を見に行こう【中国地方編】

カラッと晴れ上がった空に、暖かい日ざしと爽やかな風が心地よい冬。そんな日の夜は、空いっぱいに満天の星が広がります。今年は空に輝く星を見にバイクを走らせてみませんか?冬にしか現れない星座が見られるかもしれませんね。今回は中国地方でおすすめの星空スポットをご紹介します。
ロマンチックなイルミネーションスポットでクリスマスを過ごそう!【東海編】

ロマンチックなイルミネーションスポットでクリスマスを過ごそう!【東海編】

東海地方には日本各地から観光客が集まる本格派イルミネーションが勢ぞろい!今までイルミネーションで感動したことがない大の大人でも、見れば言葉を失ってしまうような幻想的なイルミネーションの名所をご紹介します。
寒い季節といえば鍋!バイクでいけるおすすめ店舗をご紹介!【北海道・東北編】

寒い季節といえば鍋!バイクでいけるおすすめ店舗をご紹介!【北海道・東北編】

前回はバイクで行ける関東の鍋料理のお店を紹介しましたが、今回は北海道・東北編! その地域ならではの味が楽しめる「地元の名店」をピックアップしました。ツーリングに行く予定のある方は要チェック!
寒い季節といえば鍋!バイクでいけるおすすめ店舗をご紹介!【関東編】

寒い季節といえば鍋!バイクでいけるおすすめ店舗をご紹介!【関東編】

冬の定番といえばやはり鍋料理。特に寒空の下でのツーリングの後は、五臓六腑に染み渡る熱々の鍋が食べたくなりますよね。そこで今回は「バイクで行ける」鍋料理のお店を2回に渡ってご紹介! まずは関東地方のおすすめのお店を教えちゃいます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン