2017年11月17日 更新

事故を起こしたとき、知っておきたい救護手順

事故は起こさないことが一番ですが、万が一という場合もあります。その万が一に備えて、救護方法を把握しておくか否かが、助かる確率に影響すると言っても過言ではありません。今回は救護シミュレーションの重要性や手順、注意すべき点をご紹介します。

612 view

万が一に備えて!救護シミュレーションの重要性

 (10614)

「よっぽどのことがない限り、事故なんて起きないだろう……」と思っていても、バイクに乗っている以上、危険は常にとなり合わせ。自分が事故に合わないにしろ、一緒にいるライダー仲間が目の前で事故にあってしまうこともあり得ます。備えあれば患いなし。ライディング日までに救護のシミュレーションをし、万が一に備えておくことが重要です。

実際に事故が起きたらどのように対応するのか、無理に体は動かさない方がいいのか、などシミュレーションをしておくことで、事故が起きたときやケガ人がでたときにも迅速に対応することができるはずです。ではさっそく、具体的な救護手順を見ていきましょう。

把握しておきたい、救護手順

 (10617)

法律上で、運転している側に救護が義務付けられています。そのため、接触や衝突などの事故が起きてしまった場合、直ちにバイクをとめて負傷者がいるかどうかを確認し、救護にあたりましょう。

負傷者がいた場合、声をかけて相手の反応をうかがいます。どこか痛いところはないか、立って歩けるか、大きく飛ばされてしまっていないかを確認し、救急車に連絡を入れましょう。

①車をとめて、
②相手の状況を確認し、
③119番に連絡をする

という流れを頭に入れておくことで実際に事故が起こったときでも焦らず対応ができるはずです。

注意すべき点

 (10620)

相手だけではなく、自分も事故でけがをしている場合は注意が必要です。自分がケガをしてしまった場合は、その場で助けを求めるようにしましょう。無理に動いてしまうことで傷口が広がったり、状態が悪化してしまったりすることになりかねません。声が出る場合は自分で119番に連絡を入れる、またはその場で救助を求めることが最善の策です。

また、自分が加害者になってしまった場合、急に怖くなったからといって逃げてしまうのはNG。ひき逃げ事件とみなされて、「50万円以下の罰金または5年以下の懲役」が課せられます。さらに、救護せず逃げ出し、被害者側が死傷した場合、「100万円以下の罰金または10年以下の懲役」が課せられています。怖くなってしまっても救護の義務がある以上、逃げることは許されないのです。

安全第一のライディングを!

事故は誰にでも起こりえます。日ごろから装備をしっかりと身に付けて自身の身を守ることも重要ですが、いざという時に備えて救護のシミュレーションをしておくことも大切です。自分が加害者、もしくは被害者になったときのことを想像して万が一に備えておきましょう。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,301 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,615 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,387 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,782 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン