2017年12月11日 更新

凍結道路に注意せよ!

冬にバイクを運転する際は、他の季節に比べて何かと注意を払う必要があります。なかでも「凍結道路」は、一歩間違えれば大事故を引き起こしかねない危険な事象です。しっかりと凍結道路について理解を深め、いつ遭遇しても問題がないようにしておきましょう!

1,199 view

冬場は注意必須の「凍結道路」

 (10794)

冬にツーリングを行う際、防寒対策をしないライダーは少ないはず。防寒を意識せず真夏のような格好でバイクを走らせれば、たちまちのうちに体調を崩してしまいますからね。それと同じ感覚を、凍結道路に対しても持つことが大切です。

凍結道路を意識せず走行していると、スリップ事故を起こし最悪のケースを招いてしまうかもしれません。実際、冬の交通事故の原因として積雪道路よりも凍結道路の割合の方が多く、いかに多くのライダーやドライバーが凍結道路に苦しめられているかがわかります。

凍結道路の回避方法

 (10797)

凍結道路での事故を防ぐために1番確実なのは、凍結していそうな道路は走らないことです。たとえば地図などを確認して、一日中陽の光があたらないような場所は避けるなど、事前にしっかりと走行計画をたてておきましょう。なるべく陽の差しやすい東や南側の道を通ることをおすすめします。

もう1つ、凍結道路を避けるうえで大きなポイントとなるのが「通行量の多い」道路を選ぶこと。理由として、通行量の多い道路には積極的に融雪剤や凍結防止剤がまかれているケースが多いからです。逆に普段は抜け道として利用できるような道路は凍結している可能性が高いため、極力避けるようにしてください。

凍結道路を走る際の注意点とは?

 (10800)

どんなに注意をしていても、凍結道路に遭遇してしまうことはあるでしょう。そんなときは、まず何よりも減速を心がけてください。バイクは車と違い凍結道路に乗るとすぐさま転倒してしまう可能性があります。もしも走る先で道路が凍結しているのを確認したときには、バイクのスピードを落とし、絶対に車体を傾けないようにしましょう。

また、道路のなかには見た目的に白く凍っていなくても、実はしっかり凍結している「ブラックアイスバーン」と呼ばれる現象が存在します。たとえ見た目には凍結しているかどうかの判断がつかない場合にも、なんとなく道路が濡れているな……と感じたときには、上記のような対応をとるようにしましょう。

事故回避のため、冬は注意深く運転しよう!

凍結道路を始めとして、冬のバイクの運転は注意しなければならないことが盛りだくさんです。一つ一つにしっかり対処して、事故を起こさないようにしましょう!
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,301 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,615 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,387 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,782 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン