2018年1月27日 更新

万が一に備えよう!いま注目のバイク用ドライブレコーダー

バイクに乗っていて1番怖いのが事故ではないでしょうか。自分の命を守るため、可能な限り事故には注意して運転しなければいけません。しかし、事故は自分が原因で発生するものだけではないのです。万が一事故が発生してしまった際、しっかりと状況証拠を確保しておきたいと考えるライダーから注目を集めているのが、バイク用のドライブレコーダーです。

864 view

つけておいて損はない!ドライブレコーダーのメリット

 (11155)

ドライブレコーダーを愛車につけるメリットとしてもっとも大きいのは「事故時の証拠動画になる」ということです。仮に事故の責任が相手側にあるにもかかわらず難癖をつけられた場合などには、映像が記録されているドライブレコーダーの存在は大きな武器になるでしょう。また、わざとバイクにぶつかって金銭を要求してくる「当たり屋」も存在します。ここでもドライブレコーダーを備えておけば、責任を問われる心配はありません。

また、ドライブレコーダーの種類によっては、駐車中の映像も記録できるタイプがあり、車上荒らしの対策になる点も大きなポイントです。ただ、ドライブレコーダーを盗まれてしまっては元も子もないため、つける場所やつけ方に工夫が必要になるかもしれません。

自分のドライビングを見直すきっかけになるドライブレコーダー

 (11158)

ドライブレコーダーは犯罪抑止に非常に効果的ですが、それ以外にもさまざまな用途が存在します。たとえば、ツーリングを終えた後で映像を見て、「自分のドライビングはどうだったか」「危ない場所はあったか」などを確認すれば、安全運転の意識向上が期待できるでしょう。

他にも、純粋に思い出作りとしてドライブレコーダーが活用できます。記録した映像は基本的にパソコンへの保存が可能なため、映像と共にゆっくりとツーリングの記憶を振り返ることができるでしょう。

ドライブレコーダーとスポーツカムの違い

 (11161)

ドライブレコーダーとスポーツカムは混同してしまいがちですが、実際にはいくつかの面で違いがあります。どちらも映像を記録できる点は一緒ですが、ドライブレコーダーはスポーツカムと違い「事故時の日時」「走行している位置」「事故発生時の衝撃の強さ」「事故発生時の運転速度」などを記録できるのです。どちらが事故対策に効果的であるか明らかであり、トラブルを防止したいと考えているのであれば、スポーツカムよりドライブレコーダーを選ぶようにしましょう。

万が一の事態を考えれば、ドライブレコーダーは必須

事故を起こしたくて起こす人はいませんが、日々どこかで事故は発生しています。万が一自分が事故の当事者となってしまったとき、ドライブレコーダーがあるかないかで立場が大きく変わる可能性があります。納得のいかない事態に陥らないためにも、ドライブレコーダーは準備しておきたいところです。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 2,937 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,446 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,055 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,648 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン