2018年2月2日 更新

危険を回避!バイク乗りのための雪の日対策って?

雪や凍結などで路面状況が悪いときはバイクでの外出は避けた方が無難です。しかし、どうしても雪の中をバイクで走る必要があるのなら、自分自身と周囲の安全のためにタイヤ交換をしてから出かけましょう。雪の日にバイクで事故を起こさないためには、装備面での準備はもちろん、運転にも細心の注意が必要です。

459 view

ノーマルタイヤでの雪道走行は不可能!

 (11166)

バイクは車体を傾けなければ曲がることができないため、スリップしやすい雪道走行には構造的に向いていません。出先で雪に降られた場合は、無理にバイクで家に帰ろうとせず、バイクを安全に停めて置ける場所を探したほうがいいでしょう。

また、道路の凍結または積雪時にノーマルタイヤで走行することは、各都道府県が規定する「道路交通法施行細則」にて違反とされていることがほとんどです。ノーマルタイヤでの雪道走行は危険であることはもちろん、反則金がとられる場合もあるので絶対にやめましょう。

雪道ではバイク用スタッドレスタイヤを履こう

 (11169)

雪道を安全に走行するためには、スタッドレスタイヤが有効です。原付やカブ、ジャイロキャノピーなどを対象に作られているものがほとんどですので、購入の際はサイズに注意しましょう。

また、日常的に雪が積もる地域ではスパイクタイヤが市販されています。ネットショップなどではバイク用のチェーンも出回っていますが、この2つはあくまで路面が厚い雪で覆われている場合に有効であり、アスファルトと雪が入り混じっているような路面での使用はかえって危険です。都市部のライダーの雪対策はスタッドレスタイヤ一択ともいえるでしょう。

スタッドレスでも運転は慎重に

 (11172)

スタッドレスタイヤなどで雪の日対策をしても、走行には普段使わないテクニックを要します。一番大切なのは、徹底的にスピードを落とすこと。走るというよりは、またがって動いているだけに近い感覚になりますが、転倒の危険を考えるとスピードを落とすほか手段はありません。

停止するときはフロントブレーキではなく、エンジンブレーキまたはリアブレーキで静かに止まった方が安全です。曲がるときはバイクを寝かすのではなく、両足をつきながらハンドルを切って少しずつ方向転換しましょう。

雪の日の運転で無理は禁物!

雪のめったに降らない地域にお住まいでも、冬である以上いつ雪が降ってもおかしくありません。急な雪で慌てないために、バイクで通勤や通学をしているという方は季節の変わり目にタイヤを交換しておくといいでしょう。不慣れな雪道で事故を起こしては大変ですので、路面状況が悪い日は無理をせずに他の交通手段を利用することも大切です。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。
運転中は道を歩く子どもに要注意!

運転中は道を歩く子どもに要注意!

ライダーであれば、絶対に避けたいのが人身事故です。人身事故は当事者の尊い命や健康が奪われることもある、被害者にとっても加害者にとっても最悪の事態。ツーリングの機会が増えるこの季節こそ、いっそう人身事故に気をつける必要があります。今回は、人身事故の中でも特に「子どもが被害者になる事故」に関する注意点をご紹介します。
予想のつかないゲリラ豪雨の最新情報・雨雲レーダーをチェックする方法

予想のつかないゲリラ豪雨の最新情報・雨雲レーダーをチェックする方法

急に黒い雲に覆われ気づけば土砂降りの雨…。ツーリング中ゲリラ豪雨に見舞われたことはありませんか?ゲリラ豪雨は何時間も前に予想するのは難しいと言われています。「じゃあ回避のしようがないってこと?」そんなことはありません。最近ではスマートフォンアプリで雨雲レーダーが登場しており、最新の雨雲情報を確認することができます。
Nap's-ONマガジン | 1,142 view
愛車を守れ!バイク盗難の現状と対策を知っておきましょう

愛車を守れ!バイク盗難の現状と対策を知っておきましょう

「せっかく自分好みにカスタムをした愛車が盗まれた!」なんてことはなんとしてでも防ぎたいものです。あまり考えたくはないことではありますが、その分しっかりと考えておかなければいけないことでもあります。そこで今回はバイクの盗難に関する現状や対策などを紹介していきます。
Nap's-ONマガジン | 1,097 view
ライダーがしておきたい夏バテ防止法をご紹介!

ライダーがしておきたい夏バテ防止法をご紹介!

夏の炎天下の中でも、ツーリングを楽しむためにライダーが意識しておきたいことは「夏バテ防止」です。日ごろから対策をしておかないと、いざというときに熱中症にかかってしまう恐れも。では、夏場のツーリングを存分に楽しむために、ライダーがしておきたい夏バテ防止とはどのようなことなのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン