2018年3月28日 更新

春風の吹く季節、バイクに乗る際の注意点とは?

柔らかい日差しが心地いい春は、バイクで出かけることも多くなる季節ですが、低気圧が急速に発達して「春の嵐」「メイストーム」などと呼ばれる暴風が発生しやすい時期でもあります。横から強い風に吹かれるとバイクが横転し事故に至るおそれがあるため、天気の急変には要注意。もし、運転中に風が強くなってきた場合は、これから紹介する3点を心がけながら安全運転に徹しましょう。

230 view

スピードを落とす

 (11561)

走行スピードが速いと一秒間に移動する距離も長くなるため、横からの暴風に流されやすくなります。車体のコントロールに困難を感じたら、ギアを落としてゆっくりと減速しましょう。横風に煽られて車体が車線からはみ出すと、自分だけでなく周りを走行する車やバイクまで危険に巻き込んでしまうので無理は禁物です。

ニーグリップで車体と一体になる

 (11564)

ニーグリップはバイクの挙動とライダーの挙動を一致させる基本の運転テクニックです。ライダーの体が振られて意識的にバランスをとらなければならないときほど、しっかりしたニーグリップが必要になります。

ニーグリップでは、ヒザを車体につけるのはもちろん、つま先やくるぶし、ふくらはぎなど、下半身全体を使って人車一体を図ります。つま先の親指で車体を挟んでいる感覚や、くるぶしを両サイドから押し付けている感覚を感じるくらいまで車体をホールドすれば、対極にある上体も安定するので、車体が風で振られてもコントロールが可能になるでしょう。

ステアリングは力を抜いて軽く握る

 (11567)

バイクは、ニーグリップさえできていれば上半身に力を入れなくても視線を抜けた方向に勝手に向きを変えてくれます。暴風に対抗しようとしてステアリングを押さえつけたり、体を硬くしたりすると、かえって車体がフラつく原因になるので、ステアリングは両手の中で遊ばせるぐらいの気持ちで軽く握りしょう。荷重は前輪、後輪に偏ることのないよう、前後のバランスが取れる中央にかけるのがポイントです。

身の危険を感じたらバイクに乗らないこと

春の嵐で危険な目に遭わないためには、ツーリングに出かける前に天気予報を確認することが大切です。「暴風に関する気象情報」は、数日~1日前に気象庁から発表されるので、暴風に遭うことが事前に予想できる場合は無理せず計画を変更しましょう。安全第一で春のツーリングを楽しんでくださいね。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,320 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,619 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,392 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,785 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン