2018年3月28日 更新

春風の吹く季節、バイクに乗る際の注意点とは?

柔らかい日差しが心地いい春は、バイクで出かけることも多くなる季節ですが、低気圧が急速に発達して「春の嵐」「メイストーム」などと呼ばれる暴風が発生しやすい時期でもあります。横から強い風に吹かれるとバイクが横転し事故に至るおそれがあるため、天気の急変には要注意。もし、運転中に風が強くなってきた場合は、これから紹介する3点を心がけながら安全運転に徹しましょう。

221 view

スピードを落とす

 (11561)

走行スピードが速いと一秒間に移動する距離も長くなるため、横からの暴風に流されやすくなります。車体のコントロールに困難を感じたら、ギアを落としてゆっくりと減速しましょう。横風に煽られて車体が車線からはみ出すと、自分だけでなく周りを走行する車やバイクまで危険に巻き込んでしまうので無理は禁物です。

ニーグリップで車体と一体になる

 (11564)

ニーグリップはバイクの挙動とライダーの挙動を一致させる基本の運転テクニックです。ライダーの体が振られて意識的にバランスをとらなければならないときほど、しっかりしたニーグリップが必要になります。

ニーグリップでは、ヒザを車体につけるのはもちろん、つま先やくるぶし、ふくらはぎなど、下半身全体を使って人車一体を図ります。つま先の親指で車体を挟んでいる感覚や、くるぶしを両サイドから押し付けている感覚を感じるくらいまで車体をホールドすれば、対極にある上体も安定するので、車体が風で振られてもコントロールが可能になるでしょう。

ステアリングは力を抜いて軽く握る

 (11567)

バイクは、ニーグリップさえできていれば上半身に力を入れなくても視線を抜けた方向に勝手に向きを変えてくれます。暴風に対抗しようとしてステアリングを押さえつけたり、体を硬くしたりすると、かえって車体がフラつく原因になるので、ステアリングは両手の中で遊ばせるぐらいの気持ちで軽く握りしょう。荷重は前輪、後輪に偏ることのないよう、前後のバランスが取れる中央にかけるのがポイントです。

身の危険を感じたらバイクに乗らないこと

春の嵐で危険な目に遭わないためには、ツーリングに出かける前に天気予報を確認することが大切です。「暴風に関する気象情報」は、数日~1日前に気象庁から発表されるので、暴風に遭うことが事前に予想できる場合は無理せず計画を変更しましょう。安全第一で春のツーリングを楽しんでくださいね。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。
運転中は道を歩く子どもに要注意!

運転中は道を歩く子どもに要注意!

ライダーであれば、絶対に避けたいのが人身事故です。人身事故は当事者の尊い命や健康が奪われることもある、被害者にとっても加害者にとっても最悪の事態。ツーリングの機会が増えるこの季節こそ、いっそう人身事故に気をつける必要があります。今回は、人身事故の中でも特に「子どもが被害者になる事故」に関する注意点をご紹介します。
予想のつかないゲリラ豪雨の最新情報・雨雲レーダーをチェックする方法

予想のつかないゲリラ豪雨の最新情報・雨雲レーダーをチェックする方法

急に黒い雲に覆われ気づけば土砂降りの雨…。ツーリング中ゲリラ豪雨に見舞われたことはありませんか?ゲリラ豪雨は何時間も前に予想するのは難しいと言われています。「じゃあ回避のしようがないってこと?」そんなことはありません。最近ではスマートフォンアプリで雨雲レーダーが登場しており、最新の雨雲情報を確認することができます。
Nap's-ONマガジン | 1,142 view
愛車を守れ!バイク盗難の現状と対策を知っておきましょう

愛車を守れ!バイク盗難の現状と対策を知っておきましょう

「せっかく自分好みにカスタムをした愛車が盗まれた!」なんてことはなんとしてでも防ぎたいものです。あまり考えたくはないことではありますが、その分しっかりと考えておかなければいけないことでもあります。そこで今回はバイクの盗難に関する現状や対策などを紹介していきます。
Nap's-ONマガジン | 1,099 view
ライダーがしておきたい夏バテ防止法をご紹介!

ライダーがしておきたい夏バテ防止法をご紹介!

夏の炎天下の中でも、ツーリングを楽しむためにライダーが意識しておきたいことは「夏バテ防止」です。日ごろから対策をしておかないと、いざというときに熱中症にかかってしまう恐れも。では、夏場のツーリングを存分に楽しむために、ライダーがしておきたい夏バテ防止とはどのようなことなのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン