2018年4月25日 更新

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

891 view

過労運転とは?

 (11825)

過労運転とは、バイクや車の運転手が、過労でまともな状況判断ができない状態で運転する行為を指します。飲酒運転などと違い、過労運転は何をもって過労と判断するかが難しいのが特徴です。

一般的に、「判断力を鈍らせるほどの眠気」「注意力・判断力の低下」「多大な疲労感」などの症状が出ている場合は過労の予兆とされ、この状態で事故を起こすと過労運転とみなされるケースが多いです。

また、過労運転と認定される一つの基準として、仕事で運転を行っている場合、1カ月の拘束時間が293時間を超えると過労運転になります。ここでいう拘束時間は手持ち時間、休憩時間なども含むものです。たとえ運転が仕事ではなかったとしても、上記のような勤務状態で事故を起こすと過労運転になる場合があります。

過労運転による罰則

 (11828)

道路交通法第66条において「何人も、前条第一項に規定する場合のほか、過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。」と定められており、過労運転は禁止されています。

違反した場合、「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」という重い罰則が科せられるのは免れません。また、違反点数は一気に25点が加点されるため、免許取り消しとなってしまうでしょう。

過労運転を防ぐためには……

 (11831)

過労運転を防ぐためには、飲酒運転などと同様に自身の状態をきちんと認識しておく必要があります。「最低でも6時間は睡眠をとる」「ストレスがたまっていると感じたら適度に発散」をしっかり心がけるようにしましょう。

仕事上どうしても過労状態になってしまう場合は、一度上司などとじっくり話し合い、労働環境を改善する必要があります。もしもいくら話し合ってもらちが明かない、いわゆるブラック企業の場合は、速やかな転職を考えましょう。

過労状態を避け、安全な運転を!

過労運転によって事故を起こせば、もう楽しいバイク生活に戻ることはできません。いつまでもバイクに乗り安全な運転を続けるため、過労状態にならないようしっかりと自身の体調を把握しておくようにしてください。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,313 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,616 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,389 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,782 view
運転中は道を歩く子どもに要注意!

運転中は道を歩く子どもに要注意!

ライダーであれば、絶対に避けたいのが人身事故です。人身事故は当事者の尊い命や健康が奪われることもある、被害者にとっても加害者にとっても最悪の事態。ツーリングの機会が増えるこの季節こそ、いっそう人身事故に気をつける必要があります。今回は、人身事故の中でも特に「子どもが被害者になる事故」に関する注意点をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン