2018年5月7日 更新

バイク塗装で失敗しないためには……

どんなにきれいなバイクでも、長い時間使っていればカウルに傷がついたり色あせてしまったりするもの。愛車をいつまでもきれいな状態にしておくためには、塗装が必須です。ただ、業者に塗装をお願いすると高い費用がかかってしまうため、できることなら自分で塗装しておきたいところ。そこで、今回は自分で塗装を行う際のポイントについてご紹介します。

296 view

塗料を選ぶときの注意点

 (11836)

バイクの塗装をする際は、まず塗料選びをしっかり行う必要があります。塗料にはアクリルシリコンやアクリルラッカーなどさまざまなものがありますが、おすすめはウレタン塗料です。ウレタン塗料は塗料の中でも硬度が高く、耐ガソリン性、耐光性にも非常に優れています。カラーバリエーションが少ないなどの難点もありますが、塗料に悩んだ際はウレタン塗料を選んでおけば間違いはないでしょう。

塗料を選ぶ際は、「プラサフ(プライマー・サフェーサー)」「カラー」「コーティング(カラー)」の3種類があるのだと理解しておく必要があります。三つはそれぞれ役割が異なっており、下地に使用するのがプラサフ、その上に使用するのがカラー、最後の仕上げに使用するのがコーティングです。バイクの塗料を選ぶ際は、これら3種類をすべてそろえておく必要があります。

塗装で重要な「下地作り」

 (11839)

塗装をするうえで非常に重要となるのが「下地作り」です。たとえ完璧な塗料の塗り方ができたとしても、下地がうまくできていなければ塗装失敗となってしまう可能性があります。しっかりとした下地を作るために、以下の手順に沿っていきましょう。

・現在の塗装をしっかり落とす 
古い塗装をしっかり落とすことが、きれいな塗装への一歩です。ただ、塗装を剝がすために薬剤を使用するとカウルが溶ける可能性があるため、使用はしないようにしましょう。

・ポリパテを使用し傷を修復
カウルに傷がある場合は、パテを使って埋めていきます。まずは修復部分の油分をシリコンオフなどで取り除いてからパテを使用しましょう。パテを使うときは水研ぎではなく空研ぎにするのがポイントです。

・脱脂
カウル全体についている油分をシリコンオフなどで除きます。

・下塗り
上記で紹介したプラサフを塗っていきます。何回かに分けてスプレーを吹き付け、油分ではじかれている部分がないか確認しましょう。また、傷やデコボコがないかをしっかり確認し、あればパテを塗ったあとで再度プラサフを吹き付けていきます。

・足付け
耐水ペーパーで水研ぎをします。このとき使用する耐水ペーパーは800番がおすすめです。

・脱脂
最初の脱脂同様、カウル全体についている油分をシリコンオフなどで除きます。

以上の手順をしっかりこなすことで、下地作りは完成です。

本塗りのコツとは?

 (11842)

下地作りを終えたら、いよいよ本塗りです。本塗りの際は、いっぺんにすべて塗ってしまおうとするのではなく、複数回に分けて塗料を吹き付けいくのがポイント。ムラなく均一に吹き付けていくことを心がけてください。

満足のいく塗装ができたら耐水ペーパー(1000番)で水研ぎをしたあと、脱脂します。脱脂を終えたら、最後はコーティングです。コーティングスプレーを吹き付ける際も、複数回に分け、均一になるようにしていきましょう

完璧な塗装をして、いつまでも愛車をピカピカに!

しっかりとした塗装を行えば、愛車は新品のときのような見た目を取り戻すはず。いつまでもピカピカな愛車を走らせていくため、今回ご紹介した塗装方法をぜひ参考にしていってください!
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,313 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,616 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,389 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,782 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン