2018年5月7日 更新

バイク塗装で失敗しないためには……

どんなにきれいなバイクでも、長い時間使っていればカウルに傷がついたり色あせてしまったりするもの。愛車をいつまでもきれいな状態にしておくためには、塗装が必須です。ただ、業者に塗装をお願いすると高い費用がかかってしまうため、できることなら自分で塗装しておきたいところ。そこで、今回は自分で塗装を行う際のポイントについてご紹介します。

276 view

塗料を選ぶときの注意点

 (11836)

バイクの塗装をする際は、まず塗料選びをしっかり行う必要があります。塗料にはアクリルシリコンやアクリルラッカーなどさまざまなものがありますが、おすすめはウレタン塗料です。ウレタン塗料は塗料の中でも硬度が高く、耐ガソリン性、耐光性にも非常に優れています。カラーバリエーションが少ないなどの難点もありますが、塗料に悩んだ際はウレタン塗料を選んでおけば間違いはないでしょう。

塗料を選ぶ際は、「プラサフ(プライマー・サフェーサー)」「カラー」「コーティング(カラー)」の3種類があるのだと理解しておく必要があります。三つはそれぞれ役割が異なっており、下地に使用するのがプラサフ、その上に使用するのがカラー、最後の仕上げに使用するのがコーティングです。バイクの塗料を選ぶ際は、これら3種類をすべてそろえておく必要があります。

塗装で重要な「下地作り」

 (11839)

塗装をするうえで非常に重要となるのが「下地作り」です。たとえ完璧な塗料の塗り方ができたとしても、下地がうまくできていなければ塗装失敗となってしまう可能性があります。しっかりとした下地を作るために、以下の手順に沿っていきましょう。

・現在の塗装をしっかり落とす 
古い塗装をしっかり落とすことが、きれいな塗装への一歩です。ただ、塗装を剝がすために薬剤を使用するとカウルが溶ける可能性があるため、使用はしないようにしましょう。

・ポリパテを使用し傷を修復
カウルに傷がある場合は、パテを使って埋めていきます。まずは修復部分の油分をシリコンオフなどで取り除いてからパテを使用しましょう。パテを使うときは水研ぎではなく空研ぎにするのがポイントです。

・脱脂
カウル全体についている油分をシリコンオフなどで除きます。

・下塗り
上記で紹介したプラサフを塗っていきます。何回かに分けてスプレーを吹き付け、油分ではじかれている部分がないか確認しましょう。また、傷やデコボコがないかをしっかり確認し、あればパテを塗ったあとで再度プラサフを吹き付けていきます。

・足付け
耐水ペーパーで水研ぎをします。このとき使用する耐水ペーパーは800番がおすすめです。

・脱脂
最初の脱脂同様、カウル全体についている油分をシリコンオフなどで除きます。

以上の手順をしっかりこなすことで、下地作りは完成です。

本塗りのコツとは?

 (11842)

下地作りを終えたら、いよいよ本塗りです。本塗りの際は、いっぺんにすべて塗ってしまおうとするのではなく、複数回に分けて塗料を吹き付けいくのがポイント。ムラなく均一に吹き付けていくことを心がけてください。

満足のいく塗装ができたら耐水ペーパー(1000番)で水研ぎをしたあと、脱脂します。脱脂を終えたら、最後はコーティングです。コーティングスプレーを吹き付ける際も、複数回に分け、均一になるようにしていきましょう

完璧な塗装をして、いつまでも愛車をピカピカに!

しっかりとした塗装を行えば、愛車は新品のときのような見た目を取り戻すはず。いつまでもピカピカな愛車を走らせていくため、今回ご紹介した塗装方法をぜひ参考にしていってください!
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。
運転中は道を歩く子どもに要注意!

運転中は道を歩く子どもに要注意!

ライダーであれば、絶対に避けたいのが人身事故です。人身事故は当事者の尊い命や健康が奪われることもある、被害者にとっても加害者にとっても最悪の事態。ツーリングの機会が増えるこの季節こそ、いっそう人身事故に気をつける必要があります。今回は、人身事故の中でも特に「子どもが被害者になる事故」に関する注意点をご紹介します。
予想のつかないゲリラ豪雨の最新情報・雨雲レーダーをチェックする方法

予想のつかないゲリラ豪雨の最新情報・雨雲レーダーをチェックする方法

急に黒い雲に覆われ気づけば土砂降りの雨…。ツーリング中ゲリラ豪雨に見舞われたことはありませんか?ゲリラ豪雨は何時間も前に予想するのは難しいと言われています。「じゃあ回避のしようがないってこと?」そんなことはありません。最近ではスマートフォンアプリで雨雲レーダーが登場しており、最新の雨雲情報を確認することができます。
Nap's-ONマガジン | 1,110 view
愛車を守れ!バイク盗難の現状と対策を知っておきましょう

愛車を守れ!バイク盗難の現状と対策を知っておきましょう

「せっかく自分好みにカスタムをした愛車が盗まれた!」なんてことはなんとしてでも防ぎたいものです。あまり考えたくはないことではありますが、その分しっかりと考えておかなければいけないことでもあります。そこで今回はバイクの盗難に関する現状や対策などを紹介していきます。
Nap's-ONマガジン | 1,063 view
ライダーがしておきたい夏バテ防止法をご紹介!

ライダーがしておきたい夏バテ防止法をご紹介!

夏の炎天下の中でも、ツーリングを楽しむためにライダーが意識しておきたいことは「夏バテ防止」です。日ごろから対策をしておかないと、いざというときに熱中症にかかってしまう恐れも。では、夏場のツーリングを存分に楽しむために、ライダーがしておきたい夏バテ防止とはどのようなことなのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン