2018年4月25日 更新

重視するのはデザイン?機能性?ライダーの必需品「サングラス」

ライダーグッズに欠かせないものといえばサングラスでしょう。かっこいいサングラスを身に付ければ、それだけでおしゃれなライダーに変身できます。ただ、あまりおしゃれに特化しすぎて機能性を度外視してしまうと、身体によくない影響が出る恐れも。今回は、そんなサングラスにフォーカスしていきます。

196 view

おしゃれライダーを目指すならサングラスは必須

 (11847)

最近ではより機能的で安価なバイザーつきヘルメットを選択し、サングラスをしないライダーも多くなっているのだとか。しかし、おしゃれさを追求するのであれば、やはりサングラスを選択するべきでしょう。特にハーレー・ダビッドソンやトライアンフなど海外製のバイクに乗るのであれば、それに見合ったおしゃれサングラスは外せません。

ライダーにおすすめしたいおしゃれサングラスとしてあげたいのが、「レイバン」のアイテムです。特に「ウェイファーラー」はシンプルなデザインで嫌みがなく、つける人を選びません。ライダーコーデにうまく合わせれば、ハリウッドスターのようになれるかも。おしゃれなライダーを目指すのであれば、ぜひ取り入れてみてください。

機能性を度外視するのは危険

 (11850)

サングラスにおしゃれを求めるのはもちろん大切ですが、おしゃれに重きを置きすぎて機能性を度外視してしまうのはよくありません。サングラスには目を守るという役割があるため、機能性を無視しすぎていると人体、特に目に悪影響を及ぼし、雪眼炎や白内障などを発症する原因となる恐れがあります。

サングラスを購入するときは、デザインだけでなく紫外線カット効果の高いものを選ぶのが大切です。ただ、たとえ紫外線カット率が高いサングラスだったとしても、使っているうちに傷やヒビが入ると途端に紫外線カット率が無意味なものになってしまいます。そのため、サングラスに傷が入ったらすぐに取り換えなければならないのです。

スポーツ用サングラスを取り入れよう!

 (11853)

上記でおすすめしたレイバンでも基本的に問題はありませんが、紫外線カットに万全を期しつつおしゃれさも求めたい場合には、スポーツ用サングラスがおすすめです。スポーツ用と聞くとおしゃれ度が下がる印象はありますが、「OAKLEY(オークリー)」や「Tifosi(ティフォージ)」といったブランドが展開しているアイテムであれば、おしゃれ性と機能性の両立が実現できるでしょう。

スタイリッシュで健康なライダーを目指すなら、サングラス選びは慎重に!

ライダーにとってサングラスはあらゆる意味で役立つアイテムです。身に付ければおしゃれ度がアップするだけでなく、紫外線や風から目を守ってくれます。市場には無数のサングラスが出回っているため、選ぶときは慎重にしっかりとしたものを購入するようにしましょう。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,313 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,616 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,389 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,782 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン