2018年6月13日 更新

日本と海外で異なる交通ルールとは?

グローバル化が加速する21世紀。食事や言語、マナーなどの相互理解は深まりつつありますが、意外と見過ごされているのが交通ルールの違いではないでしょうか?今回は日本人が海外で、外国人が日本で危険な交通事故に巻き込まれないようにするために、日本と海外の交通ルールの違いについて理解を深めていきましょう。

132 view

右側通行?左側通行?

 (11951)

日本人にとっては、車が道路の左側を通行するのは当たり前のことですが、世界規模でみると左側通行の国は少数派。左側通行を採用しているのはイギリス、オーストラリア、インドなどの一部の国に限られ、アメリカや中国、ヨーロッパ諸国の多くでは右側通行と定められています。

左側通行の国では、対向車との接触を防ぐために車線の真ん中よりやや左寄りを走ることが暗黙の了解となっていますが、右側通行の国ではその原則も反対に。アメリカや中国で自動車を運転する際は、道路の真ん中より「右寄り」を走って追い越しや左折時の接触を防ぎましょう。

信号機の点灯する順番

 (11954)

日本をはじめ、多くの国の信号機は青→黄→赤の順番で点灯しますが、イギリスの信号は、赤→黄→青→黄→赤の順番で点灯します。赤の後に点灯する黄色は「そろそろ青色になるので、発進する準備をしてください」という意味。しかし、信号が青に切り替わるのを待たずに発進すると交通違反になってしまうので、発進のタイミングに注意しましょう。

また、日本ではまだ一部の都道府県でしか導入されていませんが、海外にはロータリー式の交差点「ラウンド・アバウト」が普遍的に存在する国もあります。ラウンド・アバウトには信号がないので、交差点に入る時は、右側から車が来ないことを確認してロータリーに侵入するのがルール。無理な侵入は事故の原因になるので、ラウンド・アバウトに侵入する際は必ず徐行や一時停止をして右側の安全を確認しましょう。

信号無視や速度超過に対する意識

 (11957)

日本では細かい違反にも罰則があるため、ドライバーはルール違反に敏感です。しかし、海外(特に開発途上国)では、速度制限や信号待ちのルールが曖昧であることもしばしば。交通ルールは当然守られるものとして安全を過信すると、思わぬ事故に巻き込まれてしまうかもしれません。

また、海外ではシートベルトやチャイルドシートの着用が日本ほど厳しくありません。シートベルトをする習慣がない海外の友達が日本に遊びに来た時は、シートベルトを締め忘れていないか確認してあげましょう。

どこの国でも安全確認を徹底して!

好奇心旺盛なバイク乗りの中には、国際免許を取得して海外でツーリングをするのが目標という人もいるかもしれません。しかし、「郷に入っては郷に従え」というように、海外でバイクを運転する時は、その国特有の交通ルールや慣習に適応する必要があります。「一方通行だから」「信号が青だから」といって安全を過信せず、目視確認を徹底して事故を防ぎましょう。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 2,937 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,446 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,055 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,648 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン