2018年8月23日 更新

ツーリングの“マンネリ”を打破しよう!

最近、ツーリングが楽しくない……と、感じることはありませんか?ひょっとするとそれは、マンネリに陥ってしまっているのかもしれません。楽しむために行っているツーリングが楽しくないのであれば、本末転倒です。何とかしてマンネリを打破するためには、どのような行動をとればいいのでしょうか。

1,562 view

どんなに好きなものでも“飽き”はくる

 (12582)

人間は「飽きる生き物」といわれています。これはツーリングに限った話ではなく、仕事でも恋愛でも、最初は夢中だったものに対していつしか冷めてしまうというのは、誰にでも起こり得る現象です。ただ、飽きてしまった場合でも、やめるという選択肢以外にとれる行動はあります。

今やっていることで次のステップに進んでみたり、新たな切り口で臨んでみたりするのは、効果的な選択肢といえるでしょう。ツーリングでも、飽きたからとツーリングそのものをやめてしまうのではなく、新たなツーリングを試すことでマンネリを打破できる可能性があります。

マンネリ打破のため、いつもとは違う走りをしてみよう

 (12585)

ツーリングがマンネリになる理由としてもっとも考えられるのが、「いつも同じ道を同じように走っていること」です。どんなにバイクを愛し、その道を気に入っていたとしても、同じ道ばかり走っていれば飽きてしまうのは当然といえます。そこで重要なのが、走り方を変えること。走るコースを変更するのはもちろんですが、いつもソロツーリングをしているのであれば仲間たちと一緒にツーリングをしてみるなど、環境を変えてみるのもいいでしょう。

また、目的地まで一直線という走り方をしているのであれば、「寄り道」を積極的にしていくのもおすすめです。決められたルートから外れることで、思わぬ風景やお店に出会える可能性があります。そうした刺激は、すべてマンネリ打破につながっていくのです。

何らかの目的を決めるのも効果的!

 (12588)

ツーリングにマンネリを感じているときは、ツーリング自体が目的となってしまっているケースがあります。そんなときは、目的を別に設定するのがマンネリ打破に効果的です。具体的なスポットやお店を目的地に設定するのももちろんですが、自分だけのお気に入りの場所やお店を見つけるという漠然とした目的でもいいでしょう。

もちろん、お気に入りの場所やお店で写真を撮り、SNSに上げることで「いいね」をたくさんもらう、などの目的でも問題ありません。そうした何らかの目的を持てば新鮮な気分を味わえ、マンネリを打破できるはずです。

マンネリ打破のため、必要なのは「変化」と「目的」

ツーリングにマンネリを感じるのは誰にでも起こり得ることです。そんなときに重要になるのが「変化」と「目的」。いつもと違うコースを走ってみたり、明確な目標を持ってみたりすることで気分を変えれば、それだけで抱えていたマンネリを解消できるかもしれません。今回ご紹介した方法を、ぜひ実践してみてください。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,323 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,620 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,395 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,785 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン