2018年9月21日 更新

【初心者必見】アメリカンタイプのバイクに乗る際の注意点

ハーレーダビッドソンやボスホスといった、アメリカンタイプのバイクに憧れるライダーは決して少なくないはず。しかし、アメリカンタイプのバイクは日本のものと勝手が異なる点が多く、注意しなければならないポイントが多いのも事実です。今のうちに注意点について、ここで覚えておきましょう。

1,446 view

重量もアメリカン!とにかく重い

 (12773)

アメリカのバイクは世界一大きいとされるボスホスを筆頭に、日本製のバイクと比べ巨大なものが多くあります。もちろん、それに従い重さもかなりのもの。たとえば、アメリカの超有名なバイク、ハーレーダビッドソンはほとんどのモデルが300キログラムを超えています。日本の基本的なバイクの重さが200キログラム前後であることを考えると、その重さが分かるでしょう。

そのため、誤ってバイクの下敷きになろうものなら、高確率で骨折などの重傷を負ってしまうのは間違いありません。もしもバイクが倒れそうになったときは、バイクを庇わず逃げる必要があるでしょう。また、走行中も常にバランスを心がけた運転をする必要があります。

低速走行が危険

 (12774)

アメリカンバイクの持つ特徴として「低速に弱い」というものがあります。これには、前輪が他の国のバイクと比べ前に突き出していることから、小刻みなハンドルさばきがしにくいという構造上の理由があるのです。

日本のバイクなどで低速走行をしている際、バランスを崩しそうになったら細かなハンドリングによって持ち直すことができます。しかし、アメリカンバイクで低速走行をしていてバランスを崩したとき、上記のような立て直し方はできない場合があると覚えておかなければいけません。

アメリカンバイクで低速走行中、転倒しそうになった場合は、アクセルを開くなどして動力をつなげ、トラクションを確保することでバランスを立て直すことができるケースがあります。

“揺れ”に要注意

 (12777)

アメリカンバイクを運転するときは“揺れ”に注意する必要があります。理由として、アメリカンバイクは日本のバイクに比べ、基本的にサスペンションが柔らかいという特徴があるためです。特にカーブの多い道などを走っていると、前後上下に大きく揺れるケースがあるため、あらかじめ理解しておかないとパニックになってしまう恐れがあります。

対処法として、リアブレーキをフロントブレーキより一瞬早く使うという技術がありますが、初心者のときには中々難しいため、とにかく慎重に運転する必要があるといえるでしょう。

慣れないうちは慎重な運転を心がけよう!

 (12840)

ご紹介した以外にも、アメリカンバイクには二―グリップが難しいなど、さまざまな困った特徴があります。しかし、それを理解していても圧倒的なフォルムなどを見ていると、やはり乗りたくなってしまうのがアメリカンバイクの魅力。事故を起こさないため、慣れないうちは慎重な運転を心がけるようにしてください。
12 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,611 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,712 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,589 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,871 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン