2018年9月12日 更新

【バイクヒストリア】惜しまれつつ生産終了となった「モンキー」

日々新たなバイクモデルが生み出されれば、姿を消していくバイクもあります。その中には、ライダーたちから惜しみない愛情を受けていたバイクの姿も。その代表的なバイクといえるのが、ホンダが2017年に生産終了を発表した「モンキー」です。50年以上に渡って走り続けてきたモンキーは、いったいどのような歴史を持っているのでしょうか。

351 view

遊具として生まれたホンダの“初代”モンキー

 (12808)

多くのライダーから愛されたホンダのモンキーは、1961年に誕生しました。誕生した場所は、東京都日野市にオープンした、「多摩テック(2009年に閉園)」という遊園地。そう、初代モンキーの最初の役割は、ライダーを乗せるバイクではなく、子供を楽しませる遊具だったのです。

ただ、後にバイクとして活躍するモンキーの方向性は、この時点でできていたともいわれています。実際、赤いフレームや白い燃料タンクカバーなどのカラーリングは、後のモンキーでも継承されています。また、モンキーの特徴ともいえる「牧歌的な雰囲気」や「小さくてかわいいフォルム」などについては、この初代モンキーによって確立されたものなのです。

「車に積めるバイク」として人気を集める

 (12811)

1967年、国内に向け市販版のモンキーが販売開始されました。当時は「車に積んで運べる」というコンパクト性を重視しており、「折り畳み可能なハンドル」や「倒しても燃料漏れしないタンク」などといった機能が備えられているのが特徴だったようです。

1969年になると、少し大型化したモデルが販売開始されましたが、基本的には「車に積めるバイク」という立ち位置に変わりはありませんでした。車で原っぱなどへ出かけ、出かけた先でバイクに乗って楽しむというのが、当時のモンキーの使用用途だったのです。

30年のロングライフなデザインに

 (12814)

モンキーが道路を走るバイクとなったのが1974年。リアにサスペンションを装備するなど、標準なバイクとしての性能が備わった「Z50J」が販売されたのです。これにより、単独のツーリングができるだけの安定性、快適性が保証されるようになりました。また、デザインに関しても、このZ50Jのデザインが後々までの基本となっています。

その後、1978年には、Z50Jを改良した「Z50Jz-1」が販売開始。ここで発表されたデザインは、2009年にフルモデルチェンジするまで、30年に渡って不変のものとなりました。長年に渡って多くのライダーから愛されてきたモンキーですが、2017年、排気ガス規制の強化などを受け、生産終了が決定。今でも多くのファンが、その姿を惜しんでいます。

モンキーは生まれ変わって帰ってきた

生産終了となったモンキーですが、当然ホンダとしても多くの支持を受けているモンキーをこのまま終わらせるつもりはありませんでした。モンキーは125㏄のグロムをベースにしたモデルとなって帰ってきたのです。これからもモンキーは、多くのライダーから愛されていくことでしょう。
11 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,323 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,620 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 3,395 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 1,785 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン