2018年11月28日 更新

事故のリスク上昇!バイクを運転するときは死角に注意

自動車の横を走行中に、「もしかしてこっちが見えていないのかな?」とドキッとした経験は、ライダーならほとんどの方があるのではないでしょうか。教習所で習った通り、自動車を運転していると、視界にまったく入らない「死角」が生まれます。ライダーが自動車の死角を走行していると、最悪の場合、事故に巻き込まれてしまうことも。今回は死角となりやすい位置と、死角に入るのを避ける方法をご紹介します。

476 view

死角になりやすいのはどこ?

 (13252)

一般的に、自動車から見て最も死角になりやすいのは「左サイドミラーの数メートル後ろ」だと言われています。特に、バイクが左車線を走行するときはこの位置に入り込みやすくなるため、十分な車間距離を取る必要があるでしょう。車間距離が足りないと、自動車が左折するときに巻き込まれやすくなります。

また、自動車が対向車から道を譲られて右折するとき、対向車の横からすり抜けてきたバイクと衝突するケースもよく見られます。このような事故も、バイクが対向車の陰に隠れて自動車の死角に入ることで起こります。

こんなところも?意識しにくい死角とは

自動車には「ピラー」という、ボディと屋根をつなぐ柱があります。おそらくピラーの位置を意識するライダーは少ないでしょうが、実はピラーの横を走行するときも、自動車の死角に入っている可能性があります。

特に、ミニバンのようにピラーが太い車両は要注意。ピラーの陰にライダーがすっぽり隠れ、まったく見えていないことすらあります。自動車の横を走る際は、ピラーと自分の位置関係にも注意しましょう。

死角に入らない方法

 (13257)

自動車のドライバーの視界に入るのは、運転席から直接見える範囲、サイドミラーやルームミラーを通して見られる範囲のみです。基本的には、少し加速して自動車の運転席より前に出る、または減速して自動車のミラーに映るようにしましょう。ドライバーは直接、もしくはミラー越しにあなたの姿が確認できるため、事故に巻き込まれる可能性は低くなるはずです。

ただし、ドライバーの中には、あまりサイドミラーを見ていない人もいるので要注意。ドライバーが直接目視できる範囲に入るのがベストですが、難しければ確認頻度の高いルームミラーに映れるよう、真後ろを走るとよいでしょう。

また、当たり前のことですが、自動車と適切な車間距離を取る、無理な進路変更やすり抜けを控えるといった心がけも重要です。そうした意識を常にもち、死角に入ることを避ければ、事故のリスクは大幅に下げることができるはずです。

バイクにも死角はある!

 (13260)

ちなみに、自動車だけでなくバイクにも死角は存在します。目視で見える範囲とミラーで見える範囲の間は、あまり確認しないライダーが多いためです。後方をきちんと目視しないで車線変更すると、さっきはミラー越しに見えなかった自動車がすぐ後ろにいた……などという事態も起こりかねません。車線変更のとき、右折・左折のときは、一瞬後方を振り返る習慣をつけましょう。

死角を意識してより安全な運転を

すり抜けなどを控えるのはもちろんですが、自動車・バイクの死角を意識しながら走行することで、事故のリスクを最小限にすることができます。走行中はいつでも死角を意識し、安全運転を目指しましょう!
13 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

バイクに乗っていて頭痛がすると感じたら……

「バイクに乗っているとなぜか頭が痛くなる」――このような体験をしているライダーも少なくないでしょう。長時間の走行で日射病になったのかな、と疑う人もいるかもしれません。しかし、その原因は意外なところにありました。今回は、バイクに乗っているときに生じる頭痛の原因や、その改善方法についてご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 4,801 view
バイクを盗難から守るためには……

バイクを盗難から守るためには……

バイク持ちにとってもっとも恐れることの一つが「愛するバイクの盗難」です。油断をしていると、気づいたときには愛車を盗まれており手遅れとなっているかもしれません。では、常に盗難の危険があるバイクを守るためには、どのような対策が必要なのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,999 view
バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイクに乗ると脳が活性化するって本当?

バイク乗りには、見た目が実年齢より若かったり、仕事や私生活が充実していたりする人が多いですよね。「バイクが人をワイルドにさせる」というと大げさですが、実はバイクに乗ると脳が活性化されるということは過去の研究で証明されているんです!今回は、2009年に発表されたバイクにまつわる興味深い研究の概要をご紹介します。
Nap's-ONマガジン | 4,188 view
ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

ライダーにとっての大敵「腰痛」対策をご紹介!

長時間のツーリングや、慣れない車体で走行する時に感じやすい腰の痛み。一時的な疲れならまだしも、疲労の蓄積が慢性的に続くと、ふとした瞬間にぎっくり腰を起こし、日常生活さえままならなくなってしまうこともあります。腰の負担を軽減させるためには、どんな工夫が必要なのでしょうか?
Nap's-ONマガジン | 2,068 view
過労運転のリスクについて知っておこう

過労運転のリスクについて知っておこう

バイクに乗る際は、「飲酒運転」や「ながら運転」など、絶対にしてはいけない運転がいくつかあります。今回ご紹介する「過労運転」も、そんな絶対にしてはいけない運転の一つです。ほかに比べると知名度の低い過労運転ですが、そのリスクはかなりのもの。では、いったいどのようなリスクがあるのでしょうか。
Nap's-ONマガジン | 1,076 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nap's-ONマガジン Nap's-ONマガジン