2016年8月11日 更新

11月29日(日)NGK杯鈴鹿サンデーロードレースCBR250Rドリームカップグランドチャンピオンシップ参戦記

39 view
2015年シーズンのラストレース
今年1年の総決算
やってまいりましたCBR250Rドリームカップグランドチャンピオンシップです。

ishizaki01.jpg
photo by Nobuki Ishizaki

チームナップスエースライダーの豊島怜は、今年1年このレースで勝つことを目標にがんばってきました。
直前の練習走行でもマシン・ライダー共に好調で、コースレコードに近いタイムを単独で出すなど、本戦での上位入賞が期待できる仕上がりでグラチャンウィークに突入いたしました。

しかし、前日の練習走行ではいまひとつ調子が出ない様子。
風が強かったせいもありますが、自己ベストから2秒も遅れる始末・・・

gally02.jpg
photo by gally728

しかも終了間際のヘアピンで転倒・・・
明日からの予選・決勝に暗雲が立ち込めます。

gally03.jpg
photo by gally728

迎えた予選。

hishi4.jpg
photo by win

11.jpg

早朝に行われたフリープラクティスでなんとか走りを思い出し(40台中3位でした)その走りを再現できればいいグリッドが確保できそうです。

しかし、予選の間中集団に巻き込まれ、クリアラップがとれません・・・

hishi5.jpg
photo by win

gally05.jpg
photo by gally728

gally04.jpg
photo by gally728

hishi6.jpg
photo by win

gally06.jpg
photo by win

なんとか朝のフリー走行で出したタイムまでは出ましたが、相当ロスしているのがわかります。

そして予選終了間際、バックストレート→130Rで前走車をゴボウ抜きし、いい勢いでシケインへ!

進入はこれ以上ない上手さでしたが、切り替えしでフロントがブレイク・・・
ラストラップで転倒です・・・

幸いなことにマシンの損傷は軽微

1.jpg

ライダーにまったく怪我がなかったのは幸いですが、メンタルに影響が出そうです…

hishi7.jpg
photo by win

結局クリアラップを取れないまま予選8位で翌日の決勝を迎えます。

決勝は朝9時すぎにスタート

gally09.jpg

この時期の鈴鹿はとても寒く、路面温度も前日の予選に比べると相当下がっていると思います。

hishi8.jpg
photo by win
gally08.jpg
photo by gally728

入念に身体とタイヤを暖め、スタートを待ちます。

hishi10.jpg

そしてスタート!

hishi11.jpg
photo by win

クラッチミートは抜群に決まり、得意のロケットスタートが大成功!
1コーナーまでに3台をパスし、4位までポジションアップします。

hishi12.jpg

鈴鹿前にオーバーオールした車両も抜群に走っております。

このところ怜に「鈴鹿で好きな箇所はどこ?」と聞くと、迷わず

「直線です!」

と答えるほどストレートスピードが伸びております。

hishi13.jpg
photo by win


予断ですが、後日データを確認したところ、2周目のホームストレートの終わりで実測180.7km/hを記録!

恐らくどのライダーよりも速いスピードで駆け抜けております。
もちろんマシンはレギュレーションを守った中でバッチリ仕上げてもらっていることは言うまでもありません。
エンジンメンテナンスをしていただいているN-PLAN中釜氏の高い技術、怜の最終コーナーの脱出スピードの高さ、そして他のライダーに比べて軽い体重、低い前面投影面積、そしてスリップストリームの使い方でこのトップスピードが出るのでしょう。

トップ集団は7台で構成
1周ごと、いやコーナーごとに順位を入れ替えるCBRカップならではの熱いバトルが繰り広げられております。

gally10.jpg
photo by gally728

gally11.jpg
photo by gally728

そして4周目
怜が戻ってこない!

どうやらシケインで転倒したようです。
ピットに戻ってきた怜に状況を確認してみると、シケインで接触がありそれが原因だったようです。

万全の態勢で臨んでも、思うようにならないのがレースです。
「レーシングアクシデント」ですが、悔しすぎる結末です。
すごくいいバトルをしてたんだけどなぁ…


リタイヤ後の怜は酷くショックを受け、ヘルメットも取らないままピットのモニターでレースの行方を追っていました。

hishi14.jpg
photo by win

hishi15.jpg
photo by win

「もしあそこで転ばなければ…」「もう少しラインを変えていれば…」と悔やんでいたに違いありません。

しかし「4周目転倒リタイヤ」これが今年のグラチャンの公式結果です。
これを冷静に受け止め、今回の経験を今後のレース人生のプラスにしてほしいと思います。
それではライダー豊島怜のレースレポートをどうぞ。

今年最後のレースが終わりました。
グラチャンのレースウィークは気温が一気に落ちました。
とても寒かったです。

前日練習では、貴重な1本の練習にも関わらず2周目に転倒してしまいました。
その後、マシンに大きなダメージは無かったので走行を続けました。
タイムも悪くなかったです。

予選
大集団のスリップを使って一気にタイムを出そうとしました。

3回アタックラップをしたのですが、3回とも失敗
さらに、3回目にはシケインで転倒…
結果は8位で、全然トップを狙える位置でした。

しかし、2回の転倒で少し不安を抱えたまま決勝を迎えることになってしまいました。


決勝
スタートは今年1番でした。
8番グリッドから、4位で1コーナー進入!

前には出ず、このまま最後に勝負をするつもりでした。
しかし、超接近戦のトップ集団でした。

軽い接触なんて当たり前でした。
しかし、4周目のシケインで接触され転倒してしまいました。

今年のグラチャンで思ったことは、自分はあの接近戦の集団で自分の走りが出来ていなかったと思います。

もっと強く速くなります。
一年間応援ありがとうございました。

お疲れ様でした。

チームナップス 豊島怜




冒頭にも書きましたが、今シーズンのレースはこれですべて終了です。

来期に関しては…
体制、出場レースすべて未定!
これからゆっくり考えようかと思います。

そしてお知らせです。
12月19日(土)平塚のライダースカフェ「Art.Bees.Cafe」にて、チームナップス2015年シーズン報告会を開催いたします。
http://abc-hiratsuka.com/
*小田原厚木道路平塚インター降りてすぐ。2輪、4輪駐車場完備です。

今年チームナップスを応援してくれた方、来年以降もチームナップスを応援していただける方が対象です。
参加費無料ですので、ぜひとも遊びにいらしてください。
19時開幕予定です。

Special Thanks
ダンロップモーターサイクル様(タイヤ)
http://www.dmc-motorcycle.jp/
グリップ商事様(タイヤ)
http://www.e-grip.co.jp/
72Jam(ジャムテックジャパン)様(外装・ヘルメットペイント)
http://www.72jamjet.com/
ワコーケミカル様(油脂類)
http://www.wako-chemical.co.jp/
EKチェーン様(ドライブチェーン)
http://www.enuma.co.jp/
XAM JAPAN様(スプロケット)
http://xam-japan.co.jp/
カラーズインターナショナル様(ステップキット)
http://www.striker.co.jp/jpn/index.php
Projectμ様(ブレーキパッド)
http://www.project-mu.co.jp/ja/
56Racing様(ブレーキ・クラッチレバー)
http://www.56-design.com/56racing/motorcycle_parts/
J-TRIP様(レーシングスタンド)
http://www.j-trip.co.jp/
NTR-TNK様(タイヤウォーマー)
http://www8.ocn.ne.jp/~nitro/main.htm
デグナー様(レザースーツ)
http://www.degner.co.jp/official/
GO&FUN様(公式エナジードリンク)
http://www.goandfun.net/jpn
MECHANIX WEAR(整備用手袋)
http://free-bee.jp/product/mechanixwear/glove/
ZCOOブレーキパッド
http://www.okada-corp.com/products/?p=2105
FIVE GROVES
http://www.okada-corp.com/products/?category_name=five
FORMA PERFORMANCE BOOTS
http://www.okada-corp.com/products/?category_name=forma
ACF様(マシンメンテナンス)
http://www.acf.co.jp/
N-PLAN様(車輌コーディネート・ライディングコーチ)
http://www.n-plan.net/
Mr.itwoo(ヘルメット・レザースーツ・車両外装デザイン)
Mr.Yo_Hirasawa(ステッカーイラスト作成)
(順不同)

パーソナルスポンサーの皆様
GALLY728様、TJ様、GYOUZA SUKI様、つっちーZX6R様、I氏(行!行!)様、増田筋肉堂様、ギルガメッシュ様、いくちん様、まるよ様、VTEC様、ダムトラックスカフェ様、OSUZU0310様、スガヨシ様、SAEGUSA様、17かれるあぶらはむ様、OZASA様、よっしー様、阪本宝飾店様、kuuga_zeba様、アナハイム大分安心院支店様、ナナシノゴンベエ様、dam_no_hito様(順不同)




hishi2.jpg
今回レースの無い弟の智博は余裕ブッコキまくりです。

hishi3.jpg

来年は兄弟でグラチャン制覇だぞ!

2015-11-29 08.50.29.jpg
2015年アジアタレントカップのチャンピオン、そして先日のCEVで3位表彰台を獲得した佐々木歩夢選手が激励に駆けつけてくれました。

hishi1.jpg
グラチャンの集合写真。矢印の箇所で華麗に見切れているのが怜…
完全にポジショニングを誤ったようです…w

2015-11-29 08.51.01.jpg
筑波CBRカップの上位常連、石井千優選手とパチッ

hishi9.jpg

gally07.jpg

怜!1年間お疲れ様!
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブレーキ減ってませんか? 『パッド』 『ディスク』

ブレーキ減ってませんか? 『パッド』 『ディスク』

ブレーキ減ってませんか? ディスクブレーキはコントロール性能が高く、レースマシンでも使われる構造ですよね。 もしっ 中古車で購入してたり、距離を走ったバイクは一度点検してみませんか? (車両をお持ちいただけれスタッフが摩耗具合を点検しますよ~) ブレーキパッドと接する部分が摩耗し薄くなってきていると・・・『摩擦熱を放出できなくなるので危険!!』  などと言われたりしますが、なかなか普段の運転で体感する事は少ない気もします。 サーキット走行をしたらある事かもしれませんし、山道でブレーキを多用したらなるかもしれません。 (個人的な感想です) 以前GSX-R400Rというバイクに乗ってた時の私の体験談です。 雨の日に......
練馬店 | 147 view
バイクにワイヤリングしてあると、なんかカッコイイ

バイクにワイヤリングしてあると、なんかカッコイイ

レースではレギュレーションにより、施さなければいけないワイヤリングですが、やっぱりワイヤリングしてあるバイクは、なんかレーシーでカッコイイ!カッコイイだけじゃなく、実用的なワイヤリング。この機会にマスターしてみては?
横浜店 | 61,304 view
人体に無害ってワケでも・・

人体に無害ってワケでも・・

皆様はサーキットやジムカーナ、ワインディング走行時にバイクを「振り回す」時の車体のガタって気になりませんか? ワタクシは適当な性格ではありますが、ハンドルに伝わるちょっとした振動や、ひざを押し付ける時のタンクのガタは非常に気になります。一度気になってしまうとダメな性質で、タイムも伸びないし楽しく走れない・・つまりテンションダダ下がりですよ ! そんなワケで、ガタ対策を兼ねて経年劣化で錆が出てしまったタンクのマウントボルトを一新してみました !
横浜店 | 454 view
鈴鹿8耐DVD入荷してます!!!

鈴鹿8耐DVD入荷してます!!!

7月30日に開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースが早くもDVDで発売!!! 今大会は1978年に第1回目が開催されてから40回目を迎え、 MotoGPライダーのジャック・ミラーの参戦や世界耐久ロードレース選手権の最終戦、 海外での生中継など高い注目を集めた大会となりその記念すべき大会でヤマハファクトリーが 初となる3連覇を達成、通算7回目の優勝を飾る結果となっております。 鈴鹿8耐は現地観戦でも中継観戦でもチーム参戦でも通常のスプリントレースはまた違った感動と興奮があります。 その感動と興奮が詰まったDVDを入荷しましたので気になる方は2FDVDコーナーに足をお運びください。
埼玉店 | 17 view
鈴鹿8時間耐久の歴史 今年40回目を迎える記念レース。過去のレースを振り返る

鈴鹿8時間耐久の歴史 今年40回目を迎える記念レース。過去のレースを振り返る

今年で40回目の節目を迎える鈴鹿8時間耐久ロードレース(通称:8耐)。名前の通り、8時間もの長い間を走り続ける非常に過酷なレースです。1978年から始まり、最初は大規模な物ではなかったものの、歴史を積み重ねるごとに次第に各国のトップライダーが参加をするようになりました。現在では、FIM世界耐久選手権の1つに名を連ねています。アクシデントが多く、予想を裏切る番狂わせが起こることも魅力の1つ。そんな鈴鹿8耐の、過去のレースを振り返ってみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナップス ナップス