2016年8月11日 更新

悲願達成!7月16日(土)筑波ロードレース選手権第3戦JP250/CBR250Rドリームカップ参戦記

56 view
先週のもてぎRdから1週間で筑波の第3戦です。

レースの前日は一日中雨…
予選・決勝のセットアップを詰めようと予定していたのですが、一本も走ることができずに一日が終わってしまいました…
*翌日の天気予報が悪ければ前日が雨でもテスト走行するのですが、決勝日は晴れ予報でしたので、ほとんどのチームが走行をキャンセルしておりました。

決勝当日は昨日とは打って変わっていいお天気。
数日前の殺人的な暑さも影を潜め、気持ちのいい絶好の夏レース日和です。

まずは豊島智博が参戦するCBR250Rドリームカップから。

6.jpg

photo by Kazuhiro Koyano

予選開始直後に好タイムを出し、終了直前まで予選2位をキープしますが、後半に続々とタイムを更新され、結局予選4位で通過。

2.jpg

Photo by Gally728

1.jpg

photo by Kazuhiro Koyano

1.jpg

Photo by Gally728

いまひとつ波に乗れないまま予選が終了しました。

そして決勝。
クラッチミートが抜群に決まり、1コーナーを大外から3台まくり、なんとホールショットを獲得!

1.jpg

Photo by Gally728

2.jpg
photo by Kazuhiro Koyano

その後も3位~4位あたりをキープし、周回を重ねます。

2.jpg

Photo by Gally728

中盤でトップを走行するライダーが転倒。

5.jpg

Photo by Gally728

その後もなんとかトップ集団に喰らいつきます。

4.jpg

Photo by Gally728



ラストラップは1位で通過。
インフィールドで順位の変動があったようですが、トップを死守したまま最終コーナーへ!

最終コーナー立ち上がり、一番イヤなタイミングでバックマーカーに追いついてしまい「これはアカン…」と思いきやなんとか後続車を抑え、今期2勝目!


10.jpg
Photo by win

10.jpg

6月の筑波第2戦に続き、2連勝をあげました。

7.jpg

Photo by Gally728

ちなみに1位と2位のタイム差は1/100まで同タイム。
ホントに紙一重の差での勝利でした。

8.jpg

Photo by Gally728

9.jpg

Photo by Gally728

智博の優勝でプレッシャーのかかる怜。
予選は序盤から飛ばしまくり、一度もトップタイムを譲る事無くポールポジションを獲得。

3.jpg

Photo by Gally728

2.jpg

Photo by Gally728

好調をアピールします。

5.jpg

Photo by Gally728



決勝はスタートから安定してトップを走り、序盤戦でこそ2位以下とのバトルがありましたが、その後は周回ごとにタイム差を広げるまさに圧勝。

13.jpg

Photo by win

2.jpg

Photo by Gally728

1.jpg

Photo by Gally728

3.jpg

photo by Kazuhiro Koyano

3.jpg

Photo by Gally728

4.jpg

photo by Kazuhiro Koyano

ラストラップはペースを落とす余裕まで見せ、後続に8秒ものアドバンテージを保ったまま先週のもてぎ戦に続いてポールトゥウィンを達成!

4.jpg

Photo by Gally728

チーム創立以来初めて、そして豊島兄弟にとってもポケバイ時代から数えても初めての兄弟Wウィンを達成いたしました。

7.jpg
Photo by Gally728

8.jpg

Photo by Gally728

ちなみにこの日のレースはST600クラスで元チームナップスの奥田教介選手が優勝。

16.jpg

J-GP3クラスでナップスとNプロジェクトがサポートする7Cの國井勇輝選手が優勝と、全8レース中4レースでナップス関係ライダーが勝利するという夢のような一日でした。

23.jpg

写真右側が國井勇輝選手。左のライダーは全日本J-GP3参戦中の関野海斗選手です。

それではライダー本人によるレースレポートをお送りします。

豊島智博

予選4位
決勝1位

前日練習は雨が降ってしまい走行をしないでレース当日を迎えました。

レース当日はドライでした。
予選は大きな集団でのタイムアタックでした。

3.jpg

Photo by Gally728

上手くクリアラップも取れずタイムを伸ばすことはできないまま予選終了してしまいました。

5.jpg

Photo by Gally728

自分の納得いく走りができませんでした。結果は4番手でした。

決勝
スタートの反応はとても良かったと思います。

7.jpg

Photo by win

予選4番手からまさかのホールショットで自分でもビックリしました。

8.jpg
Photo by win

序盤ははなるべく3、4番手ぐらいを走るように心がけました。

6.jpg

Photo by Gally728

中盤ぐらいからトップにたち集団を小さくしようと思い集団のペースをあげました。

9.jpg

Photo by win

最終ラップのヘアピンを2位で立ち上がり最終コーナーの進入で1位に立とうと思って走りました。
しかし最終ラップのヘアピンを1位で立ち上がってしまいました。

1.jpg

Photo by Gally728

最終コーナーの進入で抜かれてしまうと思っていましたが1位で最終コーナーを進入しそのままゴール。

7.jpg

photo by Kazuhiro Koyano

最後はギリギリでしたが勝つことができ筑波で2連勝をすることがでました。

12.jpg

Photo by win

次の筑波は3連勝をしてチャンピオンとります。
家族、チームの皆様、応援してくださった皆様、スポンサーの皆様ありがとうございました。

豊島怜

予選1位
決勝1位

久しぶりの筑波だったので、みっちりセッティングをする予定でした。

しかし雨が降ってしまい、1本も走れずにぶっつけ本番でレース当日をむかえることになりました。


5.jpg

Photo by win

予選ではコースレコードを狙って単独で走りました。

1.jpg

Photo by Gally728

しかし、足周りのフィーリングがイマイチでレコード更新はできませんでしたが、ポールポジションはゲットできました。

4.jpg

Photo by Gally728

決勝になると天気が悪くなり、雨が降りそうな予感。
ホールショットきめて、そこからは少し様子をみました。

1.jpg
Photo by Gally728

ペースを上げても大丈夫だと思ったので、後続を引き離して8秒差つけてポールトゥウィンでした。
2週連続ポールトゥウィン、更に筑波初優勝でした。

6.jpg

Photo by Gally728

14.jpg
Photo by win

最高の2週間になったと思います。
家族、チームスタッフ、スポンサーの皆様、応援して下さった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

次は4耐で、600ccへの挑戦になります。
ステップバイステップで確実に乗りこなせるように頑張ります!

智博はこれで筑波選手権のポイントリーダーに浮上!
残りは1戦
なんとかこのままポイント差を維持し、年間チャンピオンを獲得してもらいたいところです。

怜は鈴鹿AP戦と日程がかぶってしまい、1戦出場していないのですが只今ランキング2位。
もてぎと共にランキングトップを狙っていきます。

今回のレース、とにかくかつげるゲンは全てかつぎました(笑)
前回の筑波戦でヒゲを剃らないでレースに臨んだら智博が勝ったので、今回ももちろんヒゲは剃らずw
前回金曜日はもつ定、土曜日はカツカレーで臨んだら智博が勝ったので、今回も同メニューw
少しは効果があったみたいです。


次回のレースは7月30日(土)鈴鹿サーキットで開催される鈴鹿4時間耐久レースに豊島怜が出場いたします。
鈴鹿の名門アケノスピード様からのオファーにより実現いたしました。

すでにST600マシンのマシンテストは済み、初乗りとは思えない好タイムで一回目の走行は無事終わりました。
鈴鹿の4耐はゼッケン74、黄色のYZF-R6を駆る稲垣/豊島ペアに大注目です!
鈴鹿4時間耐久レース エントリーリスト(pdf)



テクニカルスポンサー
ダンロップモーターサイクル様(タイヤ)
グリップ商事様(タイヤ)
72Jam(ジャムテックジャパン)様(外装・ヘルメットペイント)
ワコーケミカル様(油脂類)
EKチェーン様(ドライブチェーン)
XAM JAPAN様(スプロケット)
カラーズインターナショナル様(ステップキット)

MRF&RH松島様(YZF-R25用ブレーキレバー)
Projectμ様(ブレーキパッド)
J-TRIP様(レーシングスタンド)
NTR-TNK様(タイヤウォーマー)
MECHANIX WEAR(整備用手袋)
クラフトアルマジロ様(マフラー)
SHOEIヘルメット様
デグナー様(レザースーツ)
FIVE GROVES(ライディンググローブ)
FORMA PERFORMANCE BOOTS(レーシングブーツ)
BATTERY ENERGY DRINK(公式エナジードリンク)
ACF様(車両メンテナンス他)
N-PLAN様(車輌コーディネート・ライディングアドバイザー)
802SPEED様(怜・智博パーソナルスポンサー)
インテリアトシマ様(怜・智博パーソナルスポンサー)
Mr.itwoo(ヘルメット・レザースーツ・車両外装デザイン)
Mr.Yo_Hirasawa(イラスト作成)


Special thanks Photo by Gally728・WIN・Kazuhiro Koyano

9.jpg
Photo by Gally728

17.jpg

この日お披露目したのが智博のNEWヘルメット。
ベースはSHOEI X-Fourteen、デザインはMr.Itwoo、ペイントは72jamさんによるものです。
Special thanks Mr.Itwoo/Mr.Nakabayashi

4.jpg

1.jpg

Photo by win

11.jpg

3.jpg

Photo by win

2.jpg

Photo by win

16.jpg

Photo by win

14.jpg

4.jpg

Photo by win

5.jpg


15.jpg


6.jpg

9.jpg

8.jpg

7.jpg


15.jpg

12.jpg
1 件

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブレーキ減ってませんか? 『パッド』 『ディスク』

ブレーキ減ってませんか? 『パッド』 『ディスク』

ブレーキ減ってませんか? ディスクブレーキはコントロール性能が高く、レースマシンでも使われる構造ですよね。 もしっ 中古車で購入してたり、距離を走ったバイクは一度点検してみませんか? (車両をお持ちいただけれスタッフが摩耗具合を点検しますよ~) ブレーキパッドと接する部分が摩耗し薄くなってきていると・・・『摩擦熱を放出できなくなるので危険!!』  などと言われたりしますが、なかなか普段の運転で体感する事は少ない気もします。 サーキット走行をしたらある事かもしれませんし、山道でブレーキを多用したらなるかもしれません。 (個人的な感想です) 以前GSX-R400Rというバイクに乗ってた時の私の体験談です。 雨の日に......
練馬店 | 215 view
バイクにワイヤリングしてあると、なんかカッコイイ

バイクにワイヤリングしてあると、なんかカッコイイ

レースではレギュレーションにより、施さなければいけないワイヤリングですが、やっぱりワイヤリングしてあるバイクは、なんかレーシーでカッコイイ!カッコイイだけじゃなく、実用的なワイヤリング。この機会にマスターしてみては?
横浜店 | 62,546 view
コンチネンタル製 「ContiRoadAttack 3 CR」がナップス横浜店に入荷しました!

コンチネンタル製 「ContiRoadAttack 3 CR」がナップス横浜店に入荷しました!

Z1000Rなどの旧車でサーキット走行などを楽しまれている方に朗報です! ドイツが誇る老舗タイヤメーカー「コンチネンタル」の新作タイヤ 「ContiRoadAttack 3 CR」がナップス横浜店に入荷しました! このタイヤは数少ない18インチのハイグリップラジアルタイヤで、筑波サーキットで開催される、「テイスト・オブ・ツクバ」のモンスタークラスと呼ばれる、Z1000Rなどのカスタムされた旧車が走るレギュレーションクラスで2018年においても過半数の選手が装着。 優勝した車両にも装着されていた「ContiRoadAttack 2CR」の後継モデルとなるタイヤになります!
横浜店 | 143 view
人体に無害ってワケでも・・

人体に無害ってワケでも・・

皆様はサーキットやジムカーナ、ワインディング走行時にバイクを「振り回す」時の車体のガタって気になりませんか? ワタクシは適当な性格ではありますが、ハンドルに伝わるちょっとした振動や、ひざを押し付ける時のタンクのガタは非常に気になります。一度気になってしまうとダメな性質で、タイムも伸びないし楽しく走れない・・つまりテンションダダ下がりですよ ! そんなワケで、ガタ対策を兼ねて経年劣化で錆が出てしまったタンクのマウントボルトを一新してみました !
横浜店 | 456 view
鈴鹿8耐DVD入荷してます!!!

鈴鹿8耐DVD入荷してます!!!

7月30日に開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースが早くもDVDで発売!!! 今大会は1978年に第1回目が開催されてから40回目を迎え、 MotoGPライダーのジャック・ミラーの参戦や世界耐久ロードレース選手権の最終戦、 海外での生中継など高い注目を集めた大会となりその記念すべき大会でヤマハファクトリーが 初となる3連覇を達成、通算7回目の優勝を飾る結果となっております。 鈴鹿8耐は現地観戦でも中継観戦でもチーム参戦でも通常のスプリントレースはまた違った感動と興奮があります。 その感動と興奮が詰まったDVDを入荷しましたので気になる方は2FDVDコーナーに足をお運びください。
埼玉店 | 18 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナップス ナップス